まとめ買い 育毛剤 カテゴリー :しょうがい りこたんライフ!!

りこたんライフ!!

2005年8月15日生まれの“りこたん”はダウン症児。2回の大手術を乗り越え合併症(心房・心室中核欠損、十二指腸狭窄)も克服し元気いっぱい。 “りこたん”の成長記録を写真日記で公開します。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご案内 *希望の架け橋~福岡*

「病気も障がいも違う子供達の写真展」~心の目をひらいて...~  と言うサブタイトルで、希望の架け橋と言う障がいを持つお子さんのママさんたちのサークルの福岡支部開催の写真展が間もなく福岡市内で行われます。

福岡での開催を影で一生懸命に支え活動されてる、檸檬さんは、私と同じダウン症の子どもを持つ母親です。
檸檬さんとはネット上(お互いの個人ブログ)で知り合いましたが、今では年賀状もやり取りするネットを超えたお友達です。
遠いのでお会いしたことはありませんが、一度だけお電話ではお話しをさせていただき、とっても気さくでさっぱりした昔からの知り合いのような方・・・でした

希望の架け橋は、障がいも違うし、病気も違う、○○症とかで垣根を作らない、いろんな子どもさんのママさんたちで結成されたサークルです。
静岡に本部があるとのことですが、
今回、福岡での開催において、県外からも参加募集してるから是非、りこたんの写真をとお誘いを受け、りこたんの写真が初めて「写真展」への展示に参加させていただくことになりました。
私にも埼玉、東京、神奈川でたくさんのダウン症とは違う染色体異常の障がいをお持ちのお子さんのママさんや発達障がいをお持ちのお子さんのママさんたちとお友達になりました。
また心臓などの疾患を持つお子さんのママさんたともお友達になりました。
必ずしも病気で生まれたからと言ってそれが知的面での障がいになるとは限りません。
でも、障がいを持ってても病気を持ってても、また、健康であっても、「親の思い」っていつもどの時代も一緒に思えてなりません。
親はいつの時代でも我が子の成長を願ってるものだと思います。

たまたま障がいを持って生まれたことにより、成長がゆっくりなのです。
ゆっくり育つ成長を見守り、その日常生活や取り巻く環境を理解しあえる仲間はいても、
将来、一歩社会へ出たら、必ずしも同じような理解を 得られないこともあるかもしれません。

>写真展を通して病気や障がいと向き合い
>頑張っている子供達がいることを知って頂けたら嬉しいです。

(檸檬さんのブログより)

そんな思いに共感し、賛同しました。

私は開催を見にはいけません。
でも精一杯の気持ちの上でのお手伝いをしたいと思っています。
福岡市のお近くにお住まいの方、是非、お誘い合わせの上お立ち寄り下さると嬉しく思います。



   -記-

希望の架け橋~福岡~

開催日6/24(木) 6/25(金) 6/26(土)
 
時間 10:00~15:00

会場 あいあいセンター 7階 (中研修室)
   (福岡市立心身障がい福祉センター)
   福岡市中央区長浜1丁目2-8 
(MAP)




スポンサーサイト

| しょうがい | 00:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

母親教室

今日、母親教室に行ってきました。
なんだか、妊婦さんみたい・・・(^^)
でも今日の母親教室と銘打っての講義は、発達障がい児のお母さんたちのためのものでした。
お1人お父さんが参加されてましたが、今日の参加したお母さんたちは50人は居たかと思います。
熱気でムンムンでした。
講師は臨床心理士の先生。
実に解りやすく、実に興味あることを的確に時間いっぱいお話しくださいました。
2歳、3歳、4歳、5歳のお子さんたちのお母さんたちですので、お話の内容は、就園、就学のこと。

私たちの育児に必要は、まず『急がば回れ!』
そして、『案ずるより産むが易し』の精神、だとつくづく思える内容でした。

就学はもうちょっと先のことですが、とても興味があったし、ちょうどカメちゃんところのアイちゃんのことが思い浮かんできてしょうがなかったです。
また、就園については、ちょうど、私たち親子にはタイムリーな話題でしたのでもう私のための講演のように感じてしまって・・・為になりました。
そして、就園についても就学についても、その世代その世代になった将来のりこたんを1人想像してしまってなぜか涙がこぼれてきて・・・。なんだろう、悲しいんで無く苦しいのでもなく、1人で感動してしまってました。

私の今回通っていたところは、いろんな病気や障がいを抱え闘っているお友達だけで構成されている教室です。
まとめて言ってしまえば、発達障がいをお持ちのお子さんの施設のようなものです。

知的と言ってもIQは普通に高くても、団体になるとパニックを起こしてしまう、情緒不安定になってしまう子もいれば、うちのようにゆっくりだけど生活に関することがいつかは出来るようになるダウン症の子もいます。そして、軽くはないお子さんもいらっしゃいます。
お母さんたちの考え方もみんな違います。

だけど、ひとつ言える事は、障がいを持って生まれた子供を育てているお母さんたちは、みんな“人の心の痛みを知っている”と言うことです。
みんな、優しいんです。

今月いっぱいで、今のクラスのお友達とお友達のママとはお別れになります。
こんな、私に、「保育園決まったんだってね、おめでとう」って言っていただけました。
本当に申し訳ないくらいの気持ちでした。。。が、でも、来月から、また週に1回のペースでまた通えるようになりましたので、クラスが変わるだけで、さようならって訳ではありません。

私は、保育園に入ってこんなに変わったよ、こんなに出来たよ、悩むよりも実践、案ずるより産むが易しも実践して見せて行く事が、今のりこたんと私の使命のように感じました。
クラス担任も、みんな本当に喜んで下さったし、室長も今回のりこたんの保育園併用についてめちゃめちゃお骨折りくださいました。
人はつくづく1人で生きてるんではないって思えたこの5月でした。

書類はあとひとつ取り寄せればいいだけになりました。
医療機関で書いてもらう診断書は金曜日に予約が取れました。
必要なもので不足があったものは今日、西松屋に行って買い足しました。
あとはあるもので充分なんとかなると思います。
保育園に通うことで見栄を張る必要は無いからです。
ビンボーだから働く時間を増やさなくてはいけないのが一番の理由です。
りこたんを保育園の子供達に触れさせたい、保育園の保育士さんの指導を受けて何でも出来る子に成長させたいって理由で、預けるのではありません。
いろんな肩にいっぱいいっぱい力入れていきがっていた過去の自分とはとっくにおさらばしています。

これが普通。これが本当の私。
って、そんな風に、いつも正直に生きていきたいです。


あぁ、早く落ち着きたいなぁ。。。
そして、自分の時間が少しでも出来たらいいなぁ。
やりたいこといっぱいです。
でも、保育園、育成室も併用ですが、これから働きに出るのと、今やってる在宅ワーク(内職)も併用です。
(^^;
いつ寝てるの?とかそんなことやる暇いつあるの?って毎回あちこちで質問されています。
いやいや、私のようなテキトーにやればナントカなる人のワークなんて、全然お話しになりません。

ブログやってるお友達のママさんにはフルタイムでお働きになって、お子さんのことやって、ご主人のことやって、ご両親もしくは舅さん、姑さんのことまでも、いやいや、さらには学校の役員も。。。と私の百倍以上働いていらっしゃる方もいるのだから、私が音をあげたら罰があたりますね。。。ホント、すみません(^^;
尊敬します。ホント。

だから、私も、身体に聞きながらにはなるけど、頑張ります!
でも明日は雨なので、無理して出かけません。
縫い物をします。←いっぱいあります。
ミシンがないので手縫いなんで時間もかかります。
りこたんをそばに置いての縫い物は大変ざますので、めちゃめちゃ時間かかります。
でも、そんなことだけでもワクワクです。
どんなキャラをぬいつけようかなぁ~

では、また明日♪

-------------今日のりこたん

2010-05-26 10_07_00№(004-2)
登室前

2010-05-26 13_41_00№(005)
帰り道

2010-05-26 15_17_00№(006)
寄り道して最近OPENしたパン屋さんでスマイルパンを買いました。久々の大ヒット♪めちゃウマパンパンでした。
みんなに送ってあげたい~~~

| しょうがい | 23:26 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

障がい者週間

今日(12月3日)から9日までの一週間は障がい者週間です。
私は、障がいも人間としての「個性」と受け止めている、障がいを持つ娘の母親です。
昨日も公共機関のバスや電車を乗り継いでいるうちに、障がい者週間についてのポスターを見つけたので、是非お知らせしたいと思って日記に書きとめます。

障がい者週間について(ウィキペディアより)

障害者週間(しょうがいしゃしゅうかん)とは、国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的とした週間。

1995年(平成7年)6月27日に、当時の総理府(現内閣府)障害者施策推進本部により12月3日から12月9日までの1週間と定められた。 これは国際障害者デーであり、また障害者基本法の公布日でもある12月3日を起点とし、障害者の日である12月9日までの1週間と定めたものである。

2004年の障害者基本法改正により、12月3日-12月9日を障害者週間とする旨が法律に明記された。





わが子もそうですが、他の障がいをお持ちのお子様や、障がいをお持ちの方との交流や理解、深め、広めていきたいと思っています。
もうちょっと詳しく調べてきます。
国が決めた週間ですが、自治体単位でなにか特別なものがあったりするかもしれません。
みなさまも公共の乗り物、場所で、ポスターなどを見つけたら、ちょっとだけ足を止めて見てみて下さいね(^^)/

rikotan

↑うちのりこたん

ダウン症という個性を持ち、先天性心疾患や先天性十二指腸疾患などの先天性の合併症、知的障がいや精神的発達の遅延など、書き言葉だと重く感じてしまう、りこたんの「しょうがい」ですが、分かりやすく言うと、ゆっくりと育っているだけで大きな病気ともたたかいひとつひとつ克服してきた、強い子です。そして、優しくて、とびっきりの笑顔が家族だけではなくまわりのみんなを和ませる、スーパーチャイルドです(*^_^*)

| しょうがい | 07:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。