まとめ買い 育毛剤 アーカイブ :2012年01月 りこたんライフ!!

りこたんライフ!!

2005年8月15日生まれの“りこたん”はダウン症児。2回の大手術を乗り越え合併症(心房・心室中核欠損、十二指腸狭窄)も克服し元気いっぱい。 “りこたん”の成長記録を写真日記で公開します。

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

体調回復しました。


寒い日が続きます。まだまだ寒くなると予報されてます。

でも、体調すっかり回復したりこたん、そしてお姉ちゃん、明日からまた平常通りの生活になりますひと安心です

今日、久しぶりに外食しました
りこたんのリクエストで‘おすし’もちろん廻るタイプ
りこたん、久しぶりだからかスッゴい食べました

明日は早番、頑張ります
スポンサーサイト

| ケータイ日記 | 23:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急性胃腸炎で…



昨夜ブログ書いて休んだ…あと、深夜というか早朝と言うか、真夜中の1時半頃変な咳をしたりこたん、様子が変だとすぐに吐いてもいい準備をして私起きて見ていたらゲボゲボゲボと嘔吐。。
でも、苦しがってか、準備した容器には吐けず、布団、枕、毛布、バスタオル全部汚し、本人来ていたパジャマも顔も髪の毛も吐物でもうぐしゃぐしゃ、、、髪の毛は拭いても拭いても、どうにもならなかったので、夜中でかわいそうだったけど、本人をシャキンと起こして(吐いても意識朦朧としていたので)「髪の毛、たいへんだからお風呂場であったかいお湯でシャワーしてあらってあげる、がまんしてがんばってくれる?」と聞いたら、「いいよ」って答えてくれたので、お部屋をストーブであったかくしてシャワーをしてあげた。髪の毛は3回もシャンプー剤をつけて洗ってやっと吐物と臭いが取れた。
髪の毛を洗いながら身体もなんどもシャワーのお湯をかけ温めてあげて、着替え、シーツやし枕カバーとりかえて横にしたのは2時半を回っていました。
でもりこたん、パジャマ着たあともう一度吐いて、今度はちゃんと洗面器に吐いて、吐くときは苦しそうだけど、吐ききったみたいで目の色がいつもの力が戻っていたので「りこたん、すっきりした?」って聞くと、うんってうなずいて、じゃあ安心して寝ていいよ、って横にしたら、横にしたとたんにいつもの寝息にいつものいびきですぅ~っと寝てくれました。

育成室に連絡を入れてから、病院へ。

結果、やはりインフルエンザでは無く、急性胃腸炎。ノロとかでもありませんでした。
きっとチョウジョの風邪が移ったんだと思います。
チョウジョのほうの医師は「一般風邪」って言ったんだけど、吐いているので私も胃腸炎だと思ってました。

戻って来てから、りこたんへはまだ薬が飲めないので吐き気止めの座薬。
お店に電話、歯医者の予約変更、療育のお休み、保育園への電話などをして、それから、まず、りこたんを寝せました。
寝せてから、チョウジョとお昼を食べました。
りこたんの起きているところで私たちだけ食べるのはかわいそうでね。

私、昨日の夜はジジョの自転車がパンクして修理に行ったりしてたのに、なんと今日は私の自転車がパンク。
あり得ない~って泣きたくなりました。
結局、私のは(りこたんを乗せる自転車)タイヤのパンクでは無く何とかって言う部品の交換だったそうです。
とにかく直してから、保育園にシーツやパジャマの入っている袋や上履きを取りに行き、りこたん用にリンゴとリンゴジュースを買って戻りました。

OS1でナトリウムなどを補給しながら、様子をみてアクエリアスを飲ませて見て、吐かないようになったらリンゴジュースから初めてくださいって指示があったのでそのようにしました。
全部クリア出来たので、夕方はりんごのすり下ろしとお米から炊いたのおかゆを冷ましたもの、そしてアクエリアスを飲ませました。
おなかすいていたと思います。けっこう食べられました。
どうしてもお肉とかお魚を食べたがって怒って泣くもので、まだ、吐いちゃうかもしれないって言っても分ってくれなくて、かわいそうなのもあって、じゃあ少しだけだよと鮭のほぐしたのをちょっとだけおかゆに乗せて食べさせてあげました。
おいしいおいしいって、私のおかゆまで食べてしまいました。

食事が済んで落ち着いていたので、もうお薬も大丈夫と判断し、整腸剤と風邪薬も飲ませました。

歯医者や療育はキャンセルになったけど、胃腸炎だったので仕方ありません。
逆にお店に呼び出しの電話のようなことにならずに良かったと思います。

明日は休めません。
店長はヘルプで他店だし、もう一人のレギュラーはお子さん熱で休むので、私が行かないとお店、ホールが一人になってしまうからです。もうすっかり回復したチョウジョがもう高3の受験後休みに入ってて見ていてくれるっていうので頼みました。
朝はまたおかゆにして、お昼をうどんにして準備していけば、お姉ちゃんやってくれると思います。
2月には忙しいから、今のうちで、よかったって思います。

母ちゃん、疲れちゃった。おやすみなさい。

| 日記 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チョウジョ、インフル陰性でした。



朝、保育園にりこたんを送っていったあとチョウジョを先に向かわせた総合病院に行き、結果、インフルエンザでは無く一般風邪と診断されたとの報告を受け、イオン飲料を買って朝作ったおかゆを様子みながら食べて1日寝てなさいと言ってそれから仕事に出かけました。
今日は遅番だったのでそういうことが出来ました。
何しろ卒業を控えた高校生なので病室に一緒に入って行ったわけでは無いのでチョウジョの説明はなんだか納得出来なくて心配だったけれど、でも、昨日は水分補給したものでさえ吐いていたのが、白湯やイオン飲料を美味しそうに飲めていたのでもう本当に大丈夫らしい。
熱も平熱のまま上がらなかったし、看病したり隔離したりする手間かけたりしてた私が一番疲れちゃったって感じ。

今日も忙しかった。

そうそう、りこたんの自転車用ヘルメット、以前のは実はジジョのお下がりでした。
たぶん5年くらい前に購入したもの。
乱暴に取り扱ってた時期があったのか、正月明け買い物に行ったとき、突風で自転車が倒れ、そのとき補助席にくくりつけていたヘルメットが壊れてしまったので1月のこの寒い時期ヘルメットを被してなかったんです。
いろいろ忙しさで忘れていて、やっと注文し、その注文していたものが今日届きました。

やっと安心しました。
まさか、東京の冬、あんなに路面が凍結すると思っては居なかったし、そんな時は自転車に乗るつもりもなかったのに、バスとタクシーが使えない、通勤難民、登園難民状態になるとは想像してなかったので、ヘルメットの無い時期が重なって、本当にりこたんにはかわいそうなことをしてしまいました。
背もたれの頭を保護する部分が邪魔してヘルメットがどうしても斜めになったり目深になったりでりこたん嫌みたいで(ママー、もうむり~!!と後で何度も叫ぶんです)明日にでも背もたれの頭の保護する部分だけ外しに行こうと思います。

明日は個人療育のST予約、知的しょうがい児専門の歯科医の予約、グループ療育の予約の日です。
保育園は休みました。でも行ったり来たりで、歯科でどれだけ時間がかかるか分らないのであまりに行動がタイトだったらグループは休むかもしれません。

チョウジョ、インフルで無かったことホント、良かった。
私、絶対もらってしまうって今回自信なかったから・・・

りこたんの就学後の勤務、まだ、どうするか決めていません。
2月2日に特別支援学校に行くので、説明会ではないのですが、いろいろ聞いてきます。
また他のお母さん達にももっと話を聞いて来てみます。
一緒に通うことになると思ってた、女の子は別の小学校になってしまったので今回一人で行くことになりました。
りこたんにもっと女の子のお友達作ってあげたいな。。。

おやすみなさい。

| 日記 | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

路面凍結時の保育園通園法ととうとうインフル!?



3℃あるから、降っても積もらないし凍らないよ、天気予報大げさ~って少したかくくってた私、朝の凍結にびっくり。道路の渋滞にびっくり。バス停の長蛇の列にびっくり。
タクシーはやめた方がいいのは、マンションを出てすぐに納得。

徒歩で行こうと思ったけれど、荷物にりこたんの手を引き、りこたんを路面凍結の歩道を歩かせることは危なすぎてやめた方がいいのは最初から思ってた。

で、考えた末にどう登園したかというと、二人しっかり防寒着を着込み、二人滑らない長靴を履き、そして、自転車の補助椅子(我が家は後部座席)のほうにりこたんを乗せ、押して歩くと言うこと。
どんなに路面が溶けて居ても、実際はすべるのでりこたんを乗せているときは間違っても乗らないこと。
押すことに徹しました。

自転車は引くとか引っ張ると表現するひともいるけれど、私は押すか押っつけると昔から言ってました。
8時20数分、約8時半にマンション自転車置き場を出て、保育園には9時ちょっと前頃着き、お支度をしておトイレも済ませて先生にお願いして保育園を出発したのが9時3分。
自転車は保育園に置いて、歩いて行くことにしました。
とにかく、保育園最寄りの駅から職場の最寄りの駅までは10バス停くらいあるのだけれど、私は保育園到着時まで駅行きバスを一台も見てなかったからです。
どんだけ??ってくらい遅れているし、渋滞なんです。

がんばって歩けば40分くらいと換算し、お店に遅刻するだろうと電話を入れてからさっそく歩き出しました。

家の近くのバス停に着いたら、横断歩道の途中で転んでしまって動けなくなったご老人を発見。
目前でスリップしながらも止まってくれたタクシーの運転手さんに合図をし、私、このおばあちゃんを抱き起こし、とにかく交差点から歩道までなんとか全体重を私にかけさせて支えながら歩道を渡りきり、歩道は凍っているんどえ凍ってないお店の前の乾いた部分まで連れて行きました。
近くではサイレンなりっぱなしなんで、あちこちで事故やおけがされている人が出ているんだと思います。
でも、目の前で、転んでしまわれたかたのこともそのままにしてお店に向かうことが出来ません。
タクシーの運転手さんもしばらく止まってて見ててくれましたが、おばあちゃんが、大丈夫って言うので、タクシーの運転手さんへ深くお辞儀をしたら安心したかのように去って行かれました。
タクシーで良かったです。路面凍結に不慣れな一般ドライバーだったらもしかしたらおばあちゃんのこと引いちゃったかもしれません。
携帯でご家族をお呼びしましょうか?と訪ねると独り身なんだと答え、病院に行かれるのですか?と聞くとお稽古に出かけると言う。
見れば夏用のヒールのある靴。
転んで当たり前の靴。
「今日のような日はお靴じゃ危ないです。履き替えるためにいったんおうちに戻るか、もしくは一歩も歩かないようにおうちの前からタクシーを使うとかしないと危ないですよ」って言ったら、マンションはすぐそこなので、今日はもう出かけるのをやめて帰りますって半泣きのように答えました。車が目の前でスリップしながら止まって間一髪だったのと転んだ足も相当痛かったのだと思います。
最初はほんと歩けなかったんだから・・・

でも、大丈夫っておっしゃるので、かわいそうでしたが、私も職場に向かわなくては行けないので、くれぐれも気をつけてと話してその交差点をあとにしました。10分遅刻予定が20数分遅刻してしまい、お給料上では30分の遅刻になりました。仕方ありません。タクシーにのって間に合ったとしてもそれより高く付きます。
今日の一緒に出の子が遅刻しないで入っててくれたのでしっかり早番の準備が出来ていて、10時開店がちゃんと出来ました。

今日はとにかく怖くてりこたんを巻き添えにして転びたくなかったし、それだけに神経を集中させましたので携帯で写真を撮れたのは一枚だけ。
保育園近くに来て何を話しかけても無言のりこたんを見ると、なんと寝てました。
りこたんは最初、「ゆきー」「しろー」って言って喜んでいたのに。
暖かかったからか、寝ちゃったりして、大したもんだと驚いちゃいました。
つくづく、スノーボードとかに乗せて引っ張って登園したいって思ってしまいました。

そんな我が家、チョウジョがどうやら、インフルエンザに感染したらしい。
とうとう、香港A型と思われる症状が出てきてしまいました。
チョウジョは今絶飲食して、寝ています・
明日朝、病院には連れて行きます。
一応、家庭内で出来る範囲の隔離をしました。
もちろん、全員、マスク着用して寝ています。

私も今日、朝1時間半歩きましたので足がパンパンで疲れてしまってますし、寝不足しちゃったので移らないように早めに休みます。
いつも我が家では一番インフルエンザの予防をしているチョウジョが最初の感染者になってしまいます。
でも、その代わり、ジジョやりこたんには移らないよう出来ていましたので、今回もそうがんばってみます。

薬が効いてきました。居眠り出てきました。

就学後のことはまだ、もうちょっと先のことなので多方面に相談しながら決めて行こうと思います。

おやすみなさい。

(画像は朝の)

| 日記 | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悩む


小学生になったら、お仕事どうされていますか?

私のまわりの…、支援級、支援学校に入学予定のお友だちのママさんたち、聞いたら…ほとんど仕事辞めてました。

学童は支援学校や支援級のある学校ではなくあくまでも学区での小学校。
皆さん、問い合わせをし、「無理…」と断られているそう。

お迎えママさんの制度またはヘルパーを利用し、スクールバスで送ってもらえるりこたんをバス停から小学校までお願いして、職場からりこたんを学童に迎えに行く、そう言う構想でおりました。
現実はそううまくいかないとのお話しを聞き、早番になかなか入れず中番の私、ピーク時終了まで勤務する事が出来なければ、今の職場でシフトに入れてもらえる事が…難しい

たいていのりこたんのお友だちのママはやっぱりパパもいるから基本無理して働かなくていいみたいだし、中には働く時間を夜間にして、小学校に行っている時間帯を睡眠にすると言うママもいる。でも、そう言うママにはたいていおばあちゃんがいるんだよな。

うちはお姉ちゃんがこの春りこたんと同時に入学なんで2月からアルバイトを始めます。今は休みや日中でも働けるけど、春からは夜間と土日に働き学校には通う訳だからりこたんを頼めません。
チョウジョも自分の為に稼ぐのでやっとだと思います。
また、今、難しい年頃のジジョは高校進学への受験生になります。受験勉強、試験勉強好きなジジョにりこたんのことは頼めても毎日はきっと反発や無理が出てくるだろう。
塾や進学スクールには行かない代わり自宅勉強頑張らせてと既に色々頼まれている。

第一、今の店でなければまた面接となると右から左には決まるわけがない無理に近い。

姉妹店の早番出来るところに移動頼もうかな。いや、きっと、空きが無いよな。

諸先輩方ママさんたちが学童に預けて働いていたことは、いろんな方面の協力を得られていてそれは前々からの根回しもあったろうし、本人の努力も相当あったのだろうと今更のように思う。

私、なんにも、してなかった
NPO法人がやっている、知的なしょうがいのある子ども(小学生)の時間外預け=学童に当たるのはあまりに空き待ち状態で入れても週1だって

手帳利用してヘルパー使うにも、りこたん今、一番軽度で保護されているのが薄い。
働くことがなんになるのか。
生活のためではなく、りこたんの保育料となりお姉ちゃんたちに負担をかけることにはならないのか。

それとも、学童に私がボランティアで入ろうか。
そしてりこたんを学童に入れる。でも、そうしたらやっぱりお店は、どの時間働ける?
今更だねー。私。

商売始めるにも今はとにかく無理。

ダウン症協会の近所の支部に問い合わせしてみようか。

なんだか、私、力無さすぎて悲しくなってきた。

りこたん、一年生になること、なんだかうれしいことのように感じてはくれているけど、良く分かってないんだろうなー。いかに保育園ってスゴくて素晴らしくて助かるところだったってよーく感じます。

一年生のダウン症のお子さんや自閉症のお子さんとか専門になんとかならないかなー。

区役所に相談してみよう!

うわっ!5時だ。

早番、路面凍結、火曜日はレギュラーの店の子休みで忙しい寝不足でミスしていられないな。
久しぶりにめっちゃ、悩んだ。

| ケータイ日記 | 05:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2テラ!



りこたんとお姉ちゃんたち連れて埼玉のおうちから出て今の地に引っ越して来てから3年経ちました。
パソコンは以前埼玉から持ってきたのが壊れてしまって、SEやってた甥っ子に新しく自作を組んでもらってHDの容量小さかったので3年前にUSBの外付けHDDを買いました。ずっとお姉ちゃんたちの小さい頃からりこたんの赤ちゃんの頃そして昨年末までの画像や動画などなどを保存していました。当時買ったのは500GB(ギガバイト)。
昨年11月にPCも新しくしましたが、とうとう外付けのHDがフルになってしまって、今回、新たに同じメーカー(バッファローが好きなんです♪安いしデータ壊れたこと無いし)の買い足しました。
3年前の500ギガといくらも変わらない値段なのに2TB(テラバイト)の容量です。

コピーしたデータ読み込みサクサク、音静か。
この安さ、このでかさ、もう、嬉しくてタマリマセン!(^^)!

現在進行形でまた卒園アルバム作成依頼されてて、今年度末3月には卒園記念DVDの制作を依頼されてて、大きいハードディスク必要でしたので、何とも言えない満足さ。ちいさいのに偉いね、この子達。

だってカードでもどんどん小さくなる時代だもんね。
テラでコンパクト。地震や火事などでもいざって言うとき持って逃げれる~なんて思ってしまっています。

良かった。動画とか画像とかの編集のやり方勉強しておいて。
プロではないけれど、その技術、つくづく宝物だと思います。
 
今日も午後からアルバム委員のお仕事で保育園の会合に行ってきました。

健常のお友達だけの中にりこたん一人のこの生活(保育園)はあと2ヶ月ありません。
4月からは専門の小学校(特別支援学校)への入学ですから、すこしでもお友達の心の記憶の片隅にりこたんのこと覚えていてもらえればなって、私、アルバム作りがんばっています。たぶん、2月からはPC作業忙しいと思います。。

2テラ増設したんでパソコンワークも大きく広がるといいなー。

話しは変わりますが今回卒園式にりこたんどんなお洋服着せたら良いって思いますか?


| ケータイ日記 | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りこたん頬かむり


実はファンタジア家昨年末頃から、家の中のいろんな部分が壊れたり不調で、毎月のようにいろんな工事やら修理が入っています。

その中でも……まだ大家に言えずに我慢して使っているのが、お風呂。
お世話好きな大家なので、お忙しいでしょう、お急ぎでしょうと言っては、私が仕事で工事に立ち会えないだろうと大家自ら鍵を開け工事に立ち会い防犯からも守ってくれるかのお話しが毎回有りそれが嫌でお風呂不調ながらも工事せず、我慢してお家のお風呂使ったり、銭湯行ったりしています。

今日はりこたんと2人で銭湯行きました。
有り得ない程混んでいて、のぼせて倒れちゃった若いお嬢さんもいたりしたのでりこたん髪乾かす時間持てず、タオルでほっかぶりして来ました。

いつも風呂上がりに牛乳飲みたがるりこたん、今日はマミーを要求し、りこたんの風呂代が無料なんでドリンク代だけでもありがたく貢献させてもらって来ました。

タオルで頬かむりしたら、知らないおばちゃんから笑われたけど、私はかわいいって思えたので記念に写真撮ってから帰りました。

お風呂直さないとね
いくらなんでもね。

今日は、ケーブルテレビが修理にきていて、なんだかんだでパソコン出来なくて、ほんと、いやんなっちゃいます

壊れるときはいろいろ重なるんだよねー
とにかく私、身体壊さないことだけは死守しないとね

| ケータイ日記 | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日はセンター試験

うちのチョウジョ11月に公募推薦を受けて受験して合格したんだけど、その前にセンター試験の申し込みがあって、推薦の合否が分からなくても締め切りの関係で申し込んでいたの。
だから、今日同級生たちと某大学キャンパスでセンター試験受けます。
学校の方針でもあってね、推薦合格者も学力の状態を学校側には知らせなくてはいけない義務があって(らしい)
都立の進学指定校だから、とにかく点数とか順位とかを毎年学校の評価にしたいんだろうね。
チョウジョ、年末年始忙しいのに関わらず私の仕事の時はりこたんを視ていてくれたりもして勉強続けてくれて、有り難いね
さて、弁当は食べる暇無いからおにぎりにしてと言われたんでお米も炊けたのでおにぎり握ります。
りこたんも起きてお姉ちゃんと遊びだしたし

チョウジョジジョにお昼を持たせて出したら掃除と洗濯済ませて、りこたん連れてお出かけします。
りこたん鼻水も無いくらい風邪も引かずカンペキに元気なんです!本当に丈夫になりました。


| ケータイ日記 | 06:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒロさん、ありがとう。



今朝、りこたんを保育園に送りチャリンコを保育園に置いて駅まで走り、駅からバスで勤務先に向かう車中でヒロさんのコメントを見つけました。

なんでなんだろうね、不思議な縁と言うか、私たちダウン症の子を持つ親って何か見えない糸で繋がっているような。。
うまく言えないけれど、夫婦が赤い糸なら、私たちダウン症児の親たちの糸は…もしかしたら、カラフルな色?虹色?星の色?なんて、思ってしまいました。

糸と言うより、やっぱりネットワークなんだね。
いつも繋がっているように思えてなりません。
ずっと、前から、インターネット始めた頃から、私は辛くなると空を見上げます。
1人では無いんだって、そう思えます。だって空は繋がっていて、みんな同じ空の下にいるんだから。

この子たちは一番小さな21番目の染色体を一本だけおまけに持ってこの世に生を受けました。21番目が3本で21トリソミー。
特別な存在。
どんな子もかわいくて仕方ありません。
大活躍している先輩ダウン症のお兄さんお姉さんにはワクワクし、その親御さんには尊敬の念を持ち、いろいろ頑張っていろいろ挑戦している少しだけ先輩ダウン症のお兄ちゃんお姉ちゃんにはドキドキしたり私もりこたんにやらせてみたーいって思ってしまったり、同い年のお友だちダウンちゃんにはとにかく「ともだち」「なかま」って感覚になり、世界中に同級生がいるような錯覚になり、ちいさな後輩ダウンちゃん、赤ちゃんダウンちゃんたちは放っておけない心配だったりついついお世話してあげたくなったり、同じ悩みや思いを辿っているママさん達になにかちょっとでもお役に立てればって…いつの間にかそういう気持ちになってしまっています。

派遣のヒロさんとこのひろ君とうちのりこたんはこの春一緒にランドセルを背負って小学校に入学です。
成長の進み方や合併する病気や傷がいはダウン症の子にひとりとして同じことは無く全員違うし全員がまた個性的でもあります。だけど、一般のご家庭では味わえない、とても、楽しい事もあります。
それは、かわいい盛りがちょっぴり期間が長いってこと♪

あっという間に生意気盛りになるような、年齢なのに、今がまだまだかわいいかわいい盛りなんです。
ヒロさんとこもかわいいかわいいって言っているように、我が家もりこたんの事、お姉ちゃんもジジョも私もかわいくって仕方ありません。
こんな思いの共存が、不思議に出来るのがダウン症の子を持つ親の中に自然と生まれていっているように感じてなりません。
あと2ヶ月ちょっとで卒園式。
我が家は健常のお子さんたちと一緒の時期は保育園のみとなってしまいました。だから大切に大切にこの時期を過ごし、保育園のお友だちの心の思い出の片隅に小さくでもりこたんのことが残ってくれればと、そういう思いで過ごしています。

本当に、今回は、コメントありがとうございました。

りこたんのおかげってつくづく思います。
また、今回の記事のことをご主人にお知らせ下さった、ひろ君ママ、ヒロさんの奥さまにも感謝です

お互いに、健康に気をつけ、子どもたちを大切に育てましょうね。
恵方巻き、今年はセブンイレブンの一緒に頬張りましょう!!
おやすみなさい★

| ケータイ日記 | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

書に感動

打たれ強い私が、今年に入ってからわずか数日でポキン・・・ポキンと何度か折れてました。

でも、NHKの大河ドラマが今日から新しいの始まって、ダウン症の書家、金澤翔子さんの力強い題字「平清盛」に感動し、昨日お友達のダウン症ママから、セブンイレブンの恵方巻きの字も金澤翔子ちゃんが書いてるってお話を聞いてさっそく行ってみてきて、ガツンと活を入れられた気持ちになりました。
って言っても怒られてしょげるような気持ちでは無く、すっごく嬉しくてワクワクする気持ちです。

平清盛の題字は激しさを秘めた雄々しさが表れていてすごくかっこいいし、恵方巻の方は墨字の持つあたたかさが現れていてとってもいい字に感じました。
人様の子で全くの他人なのに、親のような気持ちって言ったら本当に申し訳ないけど、金澤翔子ちゃんの活躍やいろんなメディアで触れる彼女の大きな大きな書にはとても感動をたくさん頂きます。

りこたんとふたりで今日セブンイレブンに行ってお買い物しながら、この字は翔子ちゃんが書いたんだよ。
りこたんのお姉ちゃんはすごいね~って言ってしまいました。本当に勝手にお姉ちゃん呼ばわりしてしまってごめんなさい。







お陰でほんとに元気になれました。

秋田の妹に電話を入れました。
秋田の妹は今実家の母と一緒に同居しててくれて、昨年末に亡くなった父のことを一年間、入院先の病院から、秋田市の脳神経外科の専門医や大学病院の皮膚科に車に乗せて通院や入院や治療やらをすべてやってくれて、しかも最期を看取るのも妹がやってくれたんです。
その妹が今、この約一年間(父の発症がちょうどあの大震災の日でした)の日々のことを落ち着いたので文章にまとめているのでいつか読んで欲しいって言ってくれました。
いろんな思いを抱えての一年間を良くがんばって過ごしてくれたと妹に感謝です。
父のことを最期までしっかりそばにいて看てくれてたのが私とか埼玉の次妹ではなく秋田の末妹で返ってよかったようなそんな気がしてなりません。

妹が電話の最後に言ってくれました。
「今、一番難しい時期で親(私のこと)を悩ましているジジョ子は短期間で元に戻って一番親思いのいい子になるよ。それとりこたんは特別な才能を持っていそうにすっごく感じるから、特別な才能はねっちゃん(私のこと)がちゃんと見つけてあげてね」って・・・

あのバタバタした忙しい年末の葬儀でした。なんも会話出来る暇無かったけど、妹はちゃんとうちの子達のことみててくれてたんですね。

嬉しかった。

私のNHK好きは、実家の両親がNHK派だったせいだと思うんだけど、未だにNHK好き。
NHK総合もNHK教育もBSNHKも。
だから大河ドラマはもちろん大好きで欠かさず観てるんだけど、今年の大河は50周年の大きな節目の特別なドラマに位置づけられてるように思う。
その題字の書を金澤翔子さんが揮毫されて、嬉しいとかを通りすぎて凄い!偉い!に尽きます。

とにかく元気をもらえました。
ここのところ、心が折れやすくなってしまってた私に元気をくれた、金澤親子さんに心から感謝です。

今年はりこたんを連れて、金澤翔子さんの個展を見に行こうと心に決めました。

恵方巻き、今年はセブンイレブンに予約もしようかな~♪

おやすみなさい★

| 日記 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

子の反抗に思う

子どもは親の「言っていること」ではなく「行動」を見ているんだって。

----------------------------------------------


私は、一般(?)女性とはちょっとだけ違った生き方をしてきました。
長いこと独身女性でいて、30代でシングルマザーになりました。
途中結婚話もありましたが、事業に燃えていて結婚話も立ち消え、数年後にはシングルでいつの間にか2人の子持ちになりました。
子ども二人と私の父と同居してもらって埼玉と東京にお店を2軒持ち、お店の行ったり来たり自宅には深夜というか朝方帰り数時間仮眠してから起きて保育園に子どもを送りそのまま勤務という生活を続けていました。
(父が保育園のお迎えを担当し夜の育児をやってもらってました)

秋田、埼玉、東京と飲食店を営み計17年経った頃私は深い深い精神的な病気になってしまいました。

私は働けない身体になってしまいましたので私は埼玉のお店をたたみ、東京のお店は人に譲りました。

情けないことに私は5年間も寝たきりの生活を送り、身の回りのことはヘルパーさんに来てもらってました。

チョウジョが小学校2年生、ジジョが保育園児の頃、食事も取れず衰弱し過度な服薬で気を失ってしまい、ヘルパーさんが来てくれて私のことを見つけたときは意識不明で脈がやっと取れる状態、チョウジョは一人で朝食も食べずに小学校に登校していたようで、泣き疲れたジジョは私の隣で寝ていたそうです。
あとから聞いたジジョのお話では私は救急車でたらい回しにされたそうです。
3軒目で受け入れてくれた救急救命センターは隣の市にある病院でとても遠く、到着時には心肺停止になっていたそうです。(ヘルパーさんから聞いたお話かもしれません)
私を入院させ、いろんな手配をして下さったヘルパーさんはジジョを連れて電車で家に戻ったそうです。
チョウジョが鍵をかけないで出かけてくれたから、私は命があるうちに発見され、ジジョも一緒に病院につれてってもらえました。
ヘルパーには鍵を預けられないのです。
鍵がかかっていて開けてもらえないとヘルパーは帰ってしまいます。

私はAEDを使って、蘇生で息を吹き返したんだそうです。

丸1日経っての夕方意識を戻しました。目を開けたら、秋田の母がいました。
私は、9階の病棟に移されました。

たくさんの薬が処方されていたのでいろんな記憶がなくなっていて、この頃のことは断片的にしか覚えていません。

でも、私は、この子達の為に死なれないってそう思って、死の淵から帰ってきたことだけはすごく生々しく覚えています。
本当に怖かったですが、その何かよく分からないもの(たぶん恐怖)と闘って生き返りました。

それからは、今度は、生きるための戦いです。
断薬、通院、リハビリ、断薬による副作用との戦い、それはもう壮絶でした。
断薬から1年で私は、完全に社会復帰が出来ました。

いろんな意味で生きること、親としてのこと、女としてのこと、人間としてのこと自信を失っていました。
もうダメかもしれない、って何度も思いました。
何千万もの収益をあげてた頃の事業家の私では無くなってしまっていました。
それでも私は生きようと思えたのは、チョウジョとジジョのお陰でした。

チョウジョの習い事の関係で、私は将来りこたんを授かることになる男性と知り合うことになります。
知り合ってから結婚までは何年もかかりました。
チョウジョは6年生になってました。
私は二人の娘を連れてお嫁になったのです。
相手は初婚だったため、私もせめて、血のつながった子どもを産んであげたい思いで、正直神様に祈る思いでした。
毎日毎日それそれは祈りました。
いい年をしていたのでそう簡単には出来ません。
で、やっと出来て生まれたのがりこたんです。
チョウジョは中1になっていました。チョウジョとりこたんは同じ干支の12歳違いです。

りこたんが3歳のお誕生日を迎えた翌月に事件が起きました。
別居です。
いろんないろんなことがありました。
翌年に正式に離婚が成立しました。
チョウジョは中3、ジジョは小5。

そして、それから、3年が経ちました。今です。
チョウジョ、高3、ジジョ中2。

私は秋田の時のお店も、埼玉の時のお店も、そして東京の人手に渡したお店も無くなってしまいました。

今は働けど働けどの、生活で、パートしながら不足を内職でなんとか賄っています。
秋田の母も大変なので少ないけれど年に何回か仕送りもしています。
こんな状態だけど、チョウジョを大学に入れることが出来ました。
ジジョのことも4年生の大学に行かせたいと思っています。

確かに口うるさく、嫌な母親かもしれません。
でも、父親のいない家族の母親は、うるさくなってしまうのはある意味仕方ないことだと思います。
なんでも許可してしまうと社会に出てから通用しない子になってしまうように思うのです。
今の私の厳しさは必要だと感じています。

だから、チョウジョともジジョともりこたんともぶつかり合ったり、けんかになったり、悲しくなったり、泣き叫んだりがあるのです。

私は、本当はダメな母親なのかもしれません。
親としてなんていや人としても、正直全く自信なんてありません。
いまでも時々自分のこと、サイテーって思うもの・・・

でもね、子ども達の前では自信のある振りをし、それなりに良い母親のように演じています。
あの子達は見ているんだもの。
ダメなところも良いところも、気持ち悪いくらい真似されるものね。
どうか似ないでくれ~って思っても、似ててほんと、親の私が気持ち悪いもの。
似ているからこそ、叱りたくなるんだよね。嫌な自分を見ているようで。
嫌な自分にこれ以上似ないでくれって思いがね。

今日、りこたんを連れて、父と同居していたころ父が大好きで良く行った先の‘巣鴨’ってところに行ってきました。




なんだかね、おじい(父のことをこどもたちはそう呼ぶ)が好きだったのがよく分かった気がした。
父は巣鴨の他、西新井大師とか柴又にも良く行ったので、今度は西新井にも柴又にも行ってみようと思いました。
父はジジョが赤ちゃんの頃からずっとどこに行くにも連れて歩いたそうなので、ジジョのわがままは父のせいにしてしまってましたが、ジジョが一番私に似たんだってつくづく最近そう思えました。
登校拒否もいろんな私の悩ませる事件も、みんな私の性格が生き写しになっているんだね。
時間はかかるんだろうけど、きっとジジョもいつか分かる日が来るってそう思えるようになってきました。
長い長い道のり、覚悟がいるんだろうけど、誰の子でもない、私の子です。
あの子達には私しか親がいません。私が投げ出す訳にはいかないのです。

チョウジョもジジョも、そしてりこたんも個性強くて我も強くて、ほんと、大変です。

でも、よく考えてみたら、これが親としての醍醐味なのかもって思えて来ました。

帰るところ、私にも娘達にもここしかないんだものね、いつでも、そばにいてあげないといけないんだってそう思いました。

大変だけど、がんばるっきゃないって、もちろん無理しないでね。

こんな私、夢、あります。

でもどんな夢かは、明らかにしません。もうちょっと秘密にします。
夢が実現しようになったら公表するかもしれないし、実現出来そうに無くってもその気になったら公表します。

ただ・・・以前、話していた内容よりはよりビッグになっていることだけは確かです。

では、明日仕事始めなんで、寝ることとします。
おやすみなさい

(あぁ、また長文になったね・・・ごめんなさいね。おつきあいありがとう。)

| 日記 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012年1月1日




いろんな事があった2011年は過ぎ去り、希望の新年が明けました。

チョウジョは春に高校を卒業し大学生にジジョは中学三年生となり受験生に、そしてりこたんは特別支援学校に入学します。チョウジョは小さい頃からの夢であった教師になる為に教育学部に進みます。ジジョは音楽の道に進みたくそういう系列の大学に入れるような高校を目指しています。
りこたんはまだはっきりとしたことは分からないし言えませんがきっと何らかのゲイジュツ性を発揮出来るような環境に常にあったほうが良いように思え、学校のお勉強とか健常のお友だちとの意志疎通がまだ出来ないのを無理にやらせるではないりこたんのペースを護ってくれるりこたんの才能を引き出してくれかつ伸ばしてくれるところに通わせることにしました。

出来ることをもっと伸ばし、無理をしない、生き方に、ちょっとだけ路線変更しました。

子供たちをそうしたので、私も今年は少しだけ出来そうな自分の時間を有効に利用したいです。
春にならない限り、どんなライフサイクルになるかは分からないので今から決められませんが、将来の自分の為に何かを習うとかしたいと思っています。
パン教室と英会話はやらないでいるとすぐにダメになっちゃうのでほそぼそと続けています。
でももっと今までの自分を変える何かに挑戦してみたいって思っています。
まだまだ、考える時間はあるので今の飲食店のパートとパソコンでの内職はしっかり続けて、よーく考えて決めていこうって思います。

私の飲食店の経営者時代の雇用したバイトパート入れたら多分200人近いと思います。
何年か勤めた人もいればあっという間に辞めた子もたくさんいます。やっと1人前にしても引き抜かれたり、辞めたと思っても出戻りも居ました。そんな中、9年働いてくれたアメリカ人の男性がいます。その方は今アメリカで事業家になり成功しています。彼は私のお店で働いていた日系アルゼンチンの女の子と結婚しました。
その昔私のお店のスタッフであり事業家となったアメリカ人の彼の妻となった彼女と連絡が取れ、私の父が亡くなったこと、チョウジョ、ジジョの他にサンジョにダウン症のりこたんが生まれて東京で暮らしていることなどを伝えることが出来ました。

彼らは私の両親ともチョウジョジジョとの面識があるのでいろんなたくさんのコメントをくれました。

私は今の幸せは過去の色々があったから作り出せたって思っています。
いろんなことがあったからとつらいとか不幸とか思いません。経験は宝です。

りこたんも悩んで悩んで、普通の小学校に、また普通小学校の支援学級にも入学はさせないことになりました。
支援学校とは昔で言う、養護学校です。
でも、りこたんは無理をしてその学校のカラーに染められることは望まないと思うんです。のびのびとしてその中でりこたんの個性をもっと発揮していくことが望みのように…、私はりこたんの目からそう感じたのです。

私なりの決断です。

NHKの新・大河ドラマ「平清盛」は題字をダウン症のプロの書家である金澤翔子さんが書いたものです。ダウン症の子を持つ親として先輩ダウン症の女の子が素晴らしい功績を残して下さり世に示して下さって本当に嬉しいし有りがたいしめちゃめちゃワクワクします。

どんなちっぽけでもいいので、何か人に感動を与えられる子にりこたんの事も育てていきたいです。だからそのためにも、ゆっくりでいいからりこたんの才能をみつけたり引き出してあげたりしていきたいです。

私には亡くなった父、元気で雪国で暮らす母、全国いや世界中に広がる、りこたんと私たち家族を見守ってくれている人がいるんだって、そう思うと力が漲ります。

ブログも無理をしない程度ではありますが、続けて我が家の現況を配信し続けます。

どうぞ2012年もよろしくお願いいたします。

携帯からの長文日記に最後までお付き合い下さってありがとうございましたm(_ _)m

| ケータイ日記 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。