まとめ買い 育毛剤 いろいろあって・・・ りこたんライフ!!

りこたんライフ!!

2005年8月15日生まれの“りこたん”はダウン症児。2回の大手術を乗り越え合併症(心房・心室中核欠損、十二指腸狭窄)も克服し元気いっぱい。 “りこたん”の成長記録を写真日記で公開します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いろいろあって・・・


月、火、水とりこたん保育園、私仕事、チョウジョ・ジジョ学校へと普通に生活を送ってました。
ただ、先週からずっとの風邪が治れなくて特に今週に入ってからは薬のせいか胃が痛み頭痛がこれまたしんどくて風邪の菌が全身に回ってしまったかのようにあっちもこっちもが痛くて、昨日は保育園の帰りの自転車にも乗れなくて、おっつけて帰ってきました。
金曜日からテストが始まるというお姉ちゃんに、ヘルプコールをして相談したらマンションの下まで出てきてくれて、私の自転車に乗ってお弁当を買いに行ってくれました。
りこたん、とりあえず自力で歩いてくれるのでホント助かります。
荷物だけ持つのでやっとだったので、階段も全部上がってくれて、靴もそろえて並べられるしかばんを置いた後、おトイレ、手洗い、そしてテレビって一声かけると「はーい」と返事をして1人で(これくらいなら)なんでもやってくれます。

よこになりたい、布団に倒れこみたい気持ちをぐっと堪え、洗濯だけなんとかやってそれからチョウジョにいろいろ頼んでから休みました。
朝、出発時に洗濯を1回分予約していくので帰ってくると1回分は脱水がちょうど終わっているようになっています。
1回分を干して、2回目を回します。私のユニホーム、お姉ちゃんたちの制服やもろもろ、りこたんのもの、となると帰ってからでも2回は回さなくてはいけません。
当たり前のことでも体がしんどいとホント、情けないくらい辛いです。
秋田の母も私たち3人姉妹を育ててくれました。女の子3人の洗濯の量は特に部活などをやっている時期にはハンパないです。母が具合悪いときどうしていたっけ?って思い起こしたら、やっぱりそれでも頑張ってやってくれてたな、帰ってくるときちんとたたまれてたんすに入ってて・・・それが当たり前のように思ってた。
私は、たたむまではやってあげて「自分の部屋に自分で持っていけ」って仕舞うことはお姉ちゃんたちに命じている。
その代わり、私小学生の頃から成人前の親と同居の頃はご飯の支度は一手に引き受けていた。もちろん、妹たちの遠足だ運動会のお弁当までもだ。
母にしてみれば、それがとても自慢だったそうです。
でもそのおかげで私はご飯の支度が苦にならないし、お弁当は作る事が楽しみの一つになっています。

ただ、体を壊したら本当につくづく思います。

何人か、私と同じ母子世帯でダウン症の子供、または他の障がいを持ったお子さんをお育てになられているお母さんを存じ上げています。
親と同居でないと好きであったお酒も離婚以来飲んでいないって言います。家には母しか何かあったときに対応できる人間がいないからです。
私も、別れる日まで、毎晩寝る前に寝酌を交わしていました。
今は、ゼロとは言いませんが、ホント数えるくらいしか飲めません。
年も年なので無理も効かなくなりました。
若い頃の無理はいくらでも出来てても、体は正直です。
無理をすると直ぐに悲鳴を上げます。
風邪引いてしまうと治りは遅いし、ちょっと栄養が偏るといろんなところにその数値は現われ病気を引き起こします。

本来は子供というものは夫婦揃って協力し合いその後姿を見せながら育てていくものと思います。
私は、シングルで子供を生み育て14年やってきた後結婚をして、その後、ダウン症児のりこたんを授かりました。
私は死ぬまできっと3人の子供たちの親を夫婦でやっていけるものと思ってましたが、その生活は3年しか続きませんでした。
一番難しい年頃に成長した娘たち3人を手元に途方にくれたのは事実です。
でも、チョウジョ、ジジョの心や気持ちを一番に考えての熟考で決めた離婚です。
今、チョウジョは大学の受験の為の奨学金の申請をしています。
一つ一つ、私に与えられる課題は毎回難しくて、大変で、でもそれをなんとかこなしたりやり遂げたりしながら毎日を進めています。

チョウジョのことをやるとジジョの新しい問題が起きたり、ジジョが落ち着いたらりこたんのことでまた一山と問題や悩みは押し寄せてきます。

夫婦揃ってなくても、親と同居でなくても、完璧ではないけれどなんとかやっています。
でも、皆さん、母子世帯での子供を育てるのは口で言うほど簡単なことではありません。
よっぽどの事が無い限り、ひとり親にはならずにあたたかい家庭のなかでの子育てを為さって欲しいと思います。
風邪を引いたら病院に連れて行ってくれるような伴侶を持っている方は是非、大切に為さってください。心から切に思います。

今日はこれから私の病院とりこたんの病院です。
保育園と勤務先は先週のうちにお休みを取っています。
療育は休むことにしました。
その代わりもうひとつ診療室に行こうと思っています。(心療内科医ではありません)

とにかくこのしつこい風邪治ってくれないことには・・・
と思っています。

りこたんは1日1回以上“リコスケ”に変身しながらも元気です。
そのイタズラ加減は日に日にパワーアップしていてこの先が思いやられています。
でもイイこともいっぱいなので、この先は楽しみでもあります♪

いろいろあって、日記書いてもアップまで行かなかったり寝てしまったりでまた穴開きました。
でも、なんとか頑張って乗り越え中ですので今までどおり応援お願いいたします。
そんな見えない応援も感じながら頑張っていきますので(*^_^*)

今日はいつも予約して出かける分のお洗濯を朝のうち干してからお支度出来次第出かけます~
スポンサーサイト

| 日記 | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newrikotanlife.blog41.fc2.com/tb.php/1092-ddc6f40f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。