まとめ買い 育毛剤 親のがっかりはやめます。 りこたんライフ!!

りこたんライフ!!

2005年8月15日生まれの“りこたん”はダウン症児。2回の大手術を乗り越え合併症(心房・心室中核欠損、十二指腸狭窄)も克服し元気いっぱい。 “りこたん”の成長記録を写真日記で公開します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

親のがっかりはやめます。







りこたんは引っ越してくる前にも通っていたことのある都内と言ってもちょっとだけ遠いところ(片道1時間ではききません)にある耳鼻咽喉科に通っています。

鼻は昨年末にようれん菌や胃腸炎、マイコプラズマ肺炎と立て続けに感染症にかかって以来ずっと鼻水が流れっぱなしかんでもかんでも出てきてそれで小児科に行っては吸引してもらってと半年もかけても治らなかったものが、5月から耳鼻科に通い鼻水の原因菌を調べてもらって処方していただいたお薬のおかげですっかり治りました。
今日もここ数日の暑い寒いと気候が寒暖の差が激しすぎてちょっとだけ鼻水ぶり返していたので先生にみてもらったのですが、なんとりこたん、今日はお天気が良かったせいか一滴の鼻水も吸引しても出てこなくってお薬も無くてよかったし、お耳も見ていただきましたが全く問題無しでした。
鼻も耳も前の健康状態に戻ったので、では、という事で入院以来ちょっとひっこんでしまった言葉のことを相談しました。
で、今日は簡単な音波を聞かせて聞こえているかどうかの検査をして、次回は専門医による正確な耳の聞こえの検査をしてその結果に基づいて言語を復活することになりました。

今回は支援校と小学校の見学が挟むので、せっかく来週も空いていた時間はあったけれど、再来週にその検査の日程を組んできました。
検査の専門医のいる曜日と、言語の先生(ST)がいらっしゃる曜日は残念ながら木曜日には無くて、再来週からは木曜日の育成室の日とは別にお休みを取らなくてはいけなくなりました。
お仕事のほうをうまく調整するしかありません。
自営業で無いとこの点、いくらでも代わりのパートもバイトもいるので家族を犠牲にしてなんてことなく、子供を優先させていただけるので本当に助かります。
ただ、ジジョの方にももう少し時間を割かなくてはいけないよとアドバイスも受け、反省もしていたところなので、時間の配分を考えて頑張るつもりです。

程度の重い、軽いとか言うような障がいとかそういうことではなく、ゆっくり時間をかけてあげることでいくらでも覚えようとかやってみようとか挑戦してみようとか頑張ろうとする気持ちをいっぱい持ってるのがダウン症の子供のように思えます。なんでも、あー無理か。。。なんてちょっと残念に思ってたことでも、気が付くといつの間にか出来ていたりしてます。親の私が驚いちゃったりしてね。

担任の先生がこの間の個人面談でおっしゃってくださったことがあります。
今はとにかく吸収の時期、だから、出来る日もあれば、また出来ない日もあったり出来ない事が続いてしまってもとに戻ってしまったのか?って思ってしまうようなこともまだまだあります。
でもお母さんは、そんな時、ぜったいにがっかりしてはいけません。
出来なくても、今度がんばろうね、絶対出来るようになるんだからと励ましてそして褒めてあげてください。
お母さんががっかりすることが、この子達にはとっても伝わってしまって芽を摘んでしまいかねません。
気をつけてくださいね。って、先生からアドバイスを受けました。

あぁ、そうか!

怒るとか叱るとかしてなくても、親のガッカリすることだけでもいつの間にか子供を傷つけてしまっていることもあるのかって・・・
おトイレ関連のこと、言葉のこと、 入院を前後にって思ってしまっていましたが、いろんなせっかく進んでいたことを摘んでしまったのは、私のがっかりがあったのかもしれません。必要以上に期待をしていたのかもしれません。
ふっと気が付くと肩の力、抜くつもりが一番コチンコチンに張らせていたようにも思われます。
これだと息詰まるよね。そんなことが一番嫌いなりこたんだもんね。
自由にのんびーり好きなように生きていきたいって思っているのかもしれないし。
なーんにも考えてなさそうにして、意外とちゃんと考えていたのかもしれないのね。
やさしいもんね、りこたんは。
今日も私の手に注射をする真似をしてそのあとずっと私の腕をナデナデしていてくれました。どっか悪いところ治してくれようとしてくれたのかもしれません。

いろんな出来る子を見ては目標にして、うちの子もあれも出来るかもこれも出来るかもと必要以上の期待をしてしまい、そして、思ったとおりに成長がなかったり出来なかったりにいつのまにかがっかりしてそれに気が疲れていたのかもしれません。。







耳鼻科の検査や診察が終わったのは12時半、お昼を食べて、いざ、グループ療育を受けに電車に乗って向かっていたら、りこたん、電車の中で寝てしまいました。
乗り換えの駅についても全然起きてくれません。
ホームに抱っこで降り、ひとまず人の来ないような場所をみつけてそこで休憩をしました。
とっても地下3階から改札まで上がり乗換えを抱っこでは出来そうになく、疲れているんだなって判断した私は育成室を休む決断。電話を入れました。

休むと決まったら、私もなんだかちょっとだけ気持ちに余裕が出来ました。
うっすら目をあけたりこたんに、歩く?と聞いたら、いやって首を横に振られました。
んじゃ、おんぶしてあげようかと聞くと、にっこりわらって、うんって言いました。
私の荷物に、りこたんの荷物とちょっとだけ買い物したレジ袋の三点を持ち、そしてりこたんを素でおんぶです。
素でおんぶって言うのは紐とか専用のモノが無いことを言っています。
けっこうダラリンとしているわりには両手で私の首根っこを締めるようにぶら下がっている状態にちかいおんぶなもので苦しくて、やっぱり途中で休憩。
育成室休んだのだから急ぐ旅ではないね~って言って、では休憩って休もうとしたらりこたんすっかり目を覚まし、いたずらっ子に変身スィッチが入りました。
駅ではおいかけっこになってしまいました。
乗り換えて乗った2台目の電車では若い女性が「どうぞ、席に座らせてあげてください」って席を譲ってくださいました。とってもありがたかったです。
ふっと見るとバッグにはお子さんと見られるランドセルを背負った記念写真がキーホルダーのケースに入ってぶら下がっていました。
女の子のいるお母さんだったんですね。
気持ちが嬉しかったです。

そして、駅に降りて、遅刻で集団療育を受けに行くってことはせずに、りこたんとお茶してから家に帰りました。
ドーナツ屋さんにしたのですが、よっぽど嬉しかったんですね。
ドーナツ食べている間、ドリンク飲んでいる間、ずっとニコニコニコニコ、そして何度も、「ありがとう」を言ってもらえました。


帰ってからは、おかあさんといっしょの再放送を見て、その後、チョウジョ・ジジョといっしょにAKB48の総選挙の速報をみんなで観ました。
普段の私なら、そんなのーーってチャンネル変えちゃうとこだったかもしれません。が、今日はチョウジョ、ジジョにゆっくりとその観たい情報番組を見せてあげました。


ジジョは、総選挙の結果が分かってご飯も済んだら私に携帯も預かってくれと渡してくれて勉強モードに切り替えてました。
土曜日も日曜日も予定を私に事前に報告してくれて、なんだか気合入っています。

そして、今夜のお風呂上りに着たパジャマのボタンをりこたんは自分でかけて見せてくれました。
第一ボタンだけかけられず外れたままでしたが、第二から全て下まで全部、右左を掛け違えることなく完璧にボタンかけ出来ていました。
その得意げな顔は、今まででも一番イイお顔しているように感じてメチャメチャ頭をナデナデして褒めてあげました。

子育てについて昨日一昨日と反省し悩んだばかりでしたが、保育園での先生から頂いたヒントのおかげでいくつもの進展があったように思えた今日一日でした。


今夜も長い日記にお付き合いいただきましてありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト

| 親の思い。 | 22:57 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

記事は時々まとめ読みさせてもらっていましたが
コメントは私の方もすっかりご無沙汰で、すみませんでした。

お互いにいろいろ苦労は絶えませんが、
ほんとファンタジアちゃんもよく頑張っているなーと
記事を読むと、私も頑張ろらなくっちゃと思います。

先生のお言葉ありがたいですね。
親のガッカリが子に伝わるというのは、私も感じていながら
ついつい欲張って、あるいは結果を急ぎすぎて
叱ったり急かしたりしてしまいがちで
私の場合、ガッカリを通り越して、ほんと虐待に近いかもと
毎日自己嫌悪に陥りつつも、なかなか自分を抑えられません。
これでは何のために、誰のために、通常学級に入れたのか
わからなくなると自責の念にかられる日々です。

思春期の子どもも難しいし、親の病気や介護など
心配の種はつきない世代ですよね。私たち。
自分の体も若い頃のように無理はできないし。
でも、あまり自分を責めず、反省はしても、
あまり落ち込み過ぎず、やれるだけのことはしていると
自分をほめながら、同じ世代で頑張っている仲間を励みに
日々、一つずつこなしていくしかありませんね。

まあ、私もついブログには愚痴や弱音も吐いてしまうけれど
案外実生活では(カラ?)元気に頑張る私たちだと思います。
自分もいたわりつつ、楽しみつつ、気長にいきましょう。


| カメ | 2011/06/10 00:56 | URL | ≫ EDIT

さっそく!

ツイッターからさっそく来ました!読んで胸にくるものがありました。我が家の次男は3歳9ヶ月ですが、まだ歩けません。最近やっと手を話したたっちが出来るようになりました。周りの同級生のダウンchanは割りと早く歩けたので、焦る時期もありました。でも、ネットで「この子達は怠けているわけではない。一生懸命頑張ってる。」って言うのを見て、そうか、歩けなくてもこの子なりに頑張ってるんだって思えるようになりました。上の子は小3の長女と小1の長男です。いっぱいガマンもさせていると思います。なるべくこの子達との時間も大切にしなきゃですね。

| フゥ | 2011/06/11 11:53 | URL |

お久しぶりです!ツイッターから飛んできました。
入学前って、そういう時期なんだと思います。
第2次受け入れ期というか。
私も経験ありますよ。(ーー;)

出来ることは大げさに褒めて育ててきた。
でも失敗したとき、出来なかったときはどうだっただろう?
私もひかるのサインから気がつかされました。

それからは、毎日「ママはひかるが大好きだよ!出来なくても、失敗しちゃっても大好きだからね」と伝えるようにしました。

そして、保育園の先生からは「頑張りすぎず、あきらめず」という言葉をもらいました。
今でも私の座右の銘です(笑)

ここで、親がこだわりを手放すと、子どもはのびのび育っていきますよ~!
うちもそこから伸びていきました。自分の伸びたいようにね♪

りこたんにマッチした学校が見つかりますように!

| Masami | 2011/06/12 08:26 | URL | ≫ EDIT

Re: カメちゃんへ

ご無沙汰は私の方です。本当にすっかりご無沙汰してしまって状況も分からずにいてすみませんでした。
またお返事もこのとおり遅くなってしまい本当にすみませんでした。

私の方こそ、カメちゃんはやっぱりすごいなあ、さすがだなと感心しその頑張りを知っては元気を頂いておりました。
先生は保育園にしても育成室にしても、また前にお世話になった託児保育所の先生もすっごく恵まれています。
ダウン症の子供に対しても理解あるし、いや、ダウン症の子を含めて障がいを持った子供たちにもその母親にも理解があると言ったほうがいいですね。

私は親のがっかりはやめましょうって呼びかけようと思って日記を起こしました。が、やめましょうではなく、自分がそうだったので、やめますって言いきった文章のタイトルではじめました。
でも、私、りこたんにだけではありません。チョウジョにもジジョにもきっといろんなつまずきの中で何度も何度もがっかりを見せてしまっていたように思えて、今更ながら反省しています。
でもね、先生言ってました。
「正しいことばかりをする子はいません。正しいことも間違ったこともいろいろやりますし、うそもつきます。また、それは親もそうです。絶対最初から最後まで正しいことばかりをして悪いことをひとつもしないって子はいないんです。だから、悪いことをしても反省し自分を見つめ直してやり直していけばそれでいいんです。」って。
なんか救われました。
あぁ。私もそうだったなって思いましたし。

ちょっと縛りすぎたり叱りすぎたとも思いました。
そして私自身が母親から口うるさく言われることをもっとも嫌ってました。
あぁ、自分もそれをやっちゃあいけないなって・・・自己嫌悪に陥りかけましたが、反省にとどまり、娘たちを信じることにしました。
またうちは父親がいないから父親の分も叱って厳しくしなくちゃって自分をそういう風に追い込むこともやめました。
母子世帯だからって言われるのだけを知らず知らずに拒否してしまってました。
でも、母子家庭であるのは事実だし、確かに色々大変ですが、だからと言って必ず非行に走るように思われるのはとっても心外です。
母しかいないし、母親としても半人前だけどそれはそれで、子供を信じることを大事にしていくことをいつも忘れないでいこうとそう決めました。

でもその言葉が多分なんですが、きっとジジョの心には伝わったみたいです。

例え、友達失っても、お母さんはぜったいいつも味方だからと言いました。
もちろん、そんなことで失うような仲のお友達だとも思っていません。
大声張り上げてヒステリックになってしまっていた自分には卒業をしました。
ジジョは本当に難しいです。ちょっとした言葉にも反応するし傷つくし。
気を遣い言葉を選ぶではないけれど、やっぱりそういう年頃なんだと考えながらの対応です。
今の子はキツイしツヨイです。コワイです。
子供たちを連れて、逃げ出したいのが本音ですが、もうこれ以上の引越しは出来ません。
今いるこの場で戦います。

りこたんについては無理をしません。

つくづく、本当に心の底からアイちゃんは優秀だと思います。
あんなにいろんなことが出来るアイちゃんをお育てになったカメちゃんは凄いです。
つくづく自分はいろんなこと、あれもこれもといくつも思いつくくらい手遅れと言うか始めるのが遅かったり、しています。なんか、いつのまにか、りこたんのパパとの離婚や別居時の諸々が影響したとか入院や病気が長引いたので療育始めるのが遅くなってしまいその結果いろんなことが出来ないままだとか自分のずぼらさではなくなにかに言い訳を考えてしまっている自分が情けなくてしかたありませんでした。
でも、先生は私がズボラってことではありませんとおっしゃってくださったので少しだけ救われました。
こうやって立ち止まってしまうような成長を見せる子もいるんだそうです。
どうやらスポンジの時期の長い子のようです。
いつかきっとシャワーのようにを夢見て、無理しないで一番マッチした学校に入らせたいなって思っています。

でもランドセルを買うのは夢だったので、ランドセルくらい買ってあげたいです。
支援校はリュックサックでした、、
どうでもいいことなんですけどね(^^;

今日もまた仙台から笹かまを取り寄せましたよ。
今回は牛タンも頼んでみました。
おいしいです♪
東北の方はゆっくりなんてこと言ってられないので早くもとの生活が送られるように復興して欲しいですし祈っています。
きっときっと出来るはずだと信じています。

またコメント書きにいらしてくださいね。お友だちのママさんたちもカメちゃんのコメントを楽しみにしておりますので。あ、もちろん、お忙しいのは存じておりますので手が空いたらでいいです。

ほんとうにいつもありがとうi-175

> 記事は時々まとめ読みさせてもらっていましたが
> コメントは私の方もすっかりご無沙汰で、すみませんでした。
>
> お互いにいろいろ苦労は絶えませんが、
> ほんとファンタジアちゃんもよく頑張っているなーと
> 記事を読むと、私も頑張ろらなくっちゃと思います。
>
> 先生のお言葉ありがたいですね。
> 親のガッカリが子に伝わるというのは、私も感じていながら
> ついつい欲張って、あるいは結果を急ぎすぎて
> 叱ったり急かしたりしてしまいがちで
> 私の場合、ガッカリを通り越して、ほんと虐待に近いかもと
> 毎日自己嫌悪に陥りつつも、なかなか自分を抑えられません。
> これでは何のために、誰のために、通常学級に入れたのか
> わからなくなると自責の念にかられる日々です。
>
> 思春期の子どもも難しいし、親の病気や介護など
> 心配の種はつきない世代ですよね。私たち。
> 自分の体も若い頃のように無理はできないし。
> でも、あまり自分を責めず、反省はしても、
> あまり落ち込み過ぎず、やれるだけのことはしていると
> 自分をほめながら、同じ世代で頑張っている仲間を励みに
> 日々、一つずつこなしていくしかありませんね。
>
> まあ、私もついブログには愚痴や弱音も吐いてしまうけれど
> 案外実生活では(カラ?)元気に頑張る私たちだと思います。
> 自分もいたわりつつ、楽しみつつ、気長にいきましょう。

| ファンタジア | 2011/06/16 00:00 | URL |

Re: フゥさんへ♪

フゥさま、ようこそです(*^_^*) ツィッターからいらしてさっそくコメントを置いて下さって感謝感謝です。
またお返事が遅くなり申し訳ありませんでした。m(__)m


次男君はりこたんの1学年後輩君ですね。
りこたんは年中さんの年齢の6月1日の保育園入園です。やっと1年なんです。
保育園でも母子通園施設でも保育のプロからもご指導いただけるようになると強みですよ。
それと歩くことですが、ダウンchanは合併症も色々だし合併症の全く無い子もいます。
また歩くのが早い子も居れば、小学校に入ってから歩いたって言う子もさまざまです。
身体的成長も心の成長も知的な成長もそのゆっくりさが全員が違っているようですよ。
私は時々否定されちゃうこともありますが、それが「個性」だと思っています。
フゥさんがおっしゃっていらっしゃるように、歩けなくても一生懸命頑張っているんですよ。
うちのりこたんも然りです。いろんな苦手があります。いろんな出来ないこともあります。
でもそれがりこたんの個性なんです。
だけど、どこに言ってもりこたんはその人懐っこさを褒められます。
愛嬌いいねって褒められます。
私は十分にそれでも嬉しく思っていますし、そのかわいがってくださる方に感謝の気持ちを持ってしまいます。

今日も同じ療育を受けているお友達ママとお話したことですが、「あせり」がとってもいけないね。
せっかく、ゆっくり育つ子を授かったんですから、「ママさん、そんなに焦らないでー。ゆっくり子育てしてね」ってことを教えるために私たちのところにゆっくり育つ子がやってきたんだと思っていきましょうってね。
(^^)/

キョウダイも分かってくれる日がいつかやってきます。
絶対に、ダウン症の子って親だけではなくキョウダイのことも育てるために生まれてきてるって思えます。
生まれてきた意味とかそういうことが分かる年齢になるときっとお互いが納得する時期が必ずやってくると思っています。
うちは、たまたま2人のお姉ちゃん達がかなり成長してからの生まれた子なのでその理解はとっても早かったし2人ともとても大事にしてくれるし、かわいがってくれます。
3人の子育て、いろんな事が順番だったりと母は本当に忙しいと思います。
でも、やってるとなんとかなりますよ。
フゥさんところの長女さんと長男君にもきっといい影響があると私は確信を持っていますよ。
だってママさんがとてもよく理解していらっしゃるもの。

これからもこんな私ですが、宜しくお願いいたしますねi-175


> ツイッターからさっそく来ました!読んで胸にくるものがありました。我が家の次男は3歳9ヶ月ですが、まだ歩けません。最近やっと手を話したたっちが出来るようになりました。周りの同級生のダウンchanは割りと早く歩けたので、焦る時期もありました。でも、ネットで「この子達は怠けているわけではない。一生懸命頑張ってる。」って言うのを見て、そうか、歩けなくてもこの子なりに頑張ってるんだって思えるようになりました。上の子は小3の長女と小1の長男です。いっぱいガマンもさせていると思います。なるべくこの子達との時間も大切にしなきゃですね。

| ファンタジア | 2011/06/16 00:30 | URL |

Re: Masamiさんへ♪

masamiさん!コメントありがとう。そして、リンク先をコメントのお返事欄に乗せて下さってありがとうございます!私も是非、(いろんな事が落ち着いたらですが)飛んで行かせてくださいね!!
さて、お返事遅くなりました。m(__)m

なるほど、入学前は第2次受け入れ期なんですねi-190
ガッテンボタンを押したくなりました。
今日相談をした先生から言われた言葉に、「この子達の成長の進み方がなかなかすすまなかったり、いったん止まってしまうって言うことはとてもあることなんです。母親の育てかたではないですよ。お母さんが自分を責めないで下さいね」って・・

そして、母が自分自身を責めないってことだけではなく、子供が出来なかったときはがっかりしないだけでもいけないですね。
その、※「ママはひかるが大好きだよ!出来なくても、失敗しちゃっても大好きだからね」
 が、とても大事だと思いました。
すてきなことを教えてくださってありがとうございました。
さっそく真似っこさせていただいております。

りこたんは、失敗しても大好きって言われて今日はとっても素直になってにっこり笑ってchu!をしてくれました。いやーーー、ほんと、かわいいです。
大好きって言葉は魔法の言葉ですねi-189
座右の銘にもなった先生からのお言葉、「頑張りすぎずあきらめず」もさらに真似っこさせてくださいね。
イイこと言う~ってすっごい嬉しくなりましたもの~

うちは今がアチコチの見学や相談の時期なんです。
でも、すっかり肩の力が抜けました。
だって、お勉強をしに行くのは母ではなくてりこたんなんですものね。
りこたんに一番合った学校をコーディネーターさんに選んでいただけるように見学だけでなく体験教室なども参加させていこうと思っていこうと思っています。

こだわり、捨ててしまえ~~~~って自分に本当に言い聞かせましたi-237
すてきなたくさんの言葉と子育てのヒント本当にありがとうございました。m(__)m

masamiさん、是非またいらしてくださいm(__)m


> お久しぶりです!ツイッターから飛んできました。
> 入学前って、そういう時期なんだと思います。
> 第2次受け入れ期というか。
> 私も経験ありますよ。(ーー;)
>
> 出来ることは大げさに褒めて育ててきた。
> でも失敗したとき、出来なかったときはどうだっただろう?
> 私もひかるのサインから気がつかされました。
>
> それからは、毎日「ママはひかるが大好きだよ!出来なくても、失敗しちゃっても大好きだからね」と伝えるようにしました。
>
> そして、保育園の先生からは「頑張りすぎず、あきらめず」という言葉をもらいました。
> 今でも私の座右の銘です(笑)
>
> ここで、親がこだわりを手放すと、子どもはのびのび育っていきますよ~!
> うちもそこから伸びていきました。自分の伸びたいようにね♪
>
> りこたんにマッチした学校が見つかりますように!


| ファンタジア | 2011/06/16 00:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newrikotanlife.blog41.fc2.com/tb.php/1102-b8ace436

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。