まとめ買い 育毛剤 決心 りこたんライフ!!

りこたんライフ!!

2005年8月15日生まれの“りこたん”はダウン症児。2回の大手術を乗り越え合併症(心房・心室中核欠損、十二指腸狭窄)も克服し元気いっぱい。 “りこたん”の成長記録を写真日記で公開します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

決心




来年就学予定のりこたんのお友だちのダウン症のお子様を持つ皆さまは心、決まりました?

私はまだまだ、決めかねてます。正直悩んでます。
でも、りこたんが行きたいと意思表示するところはあります。今のりこたんが「いきたい」って言うところに決めちゃって良いのでしょうか、それとも、私は役所の学務課のコーディネーターさんが指導して下さることをりこたんに解るように伝え、説得し納得させるべきなんでしょうか。

親は子どもが出来なかったり失敗してしまったりをがっかりしては、子どもが悲しんでしまうので、親のがっかりは子どもには見せないように……なんて、ふた月位前に書いたような記憶してますが、実際の私もここのところ、ついがっかりしてしまいがちです。

とうとう、10月です。
なんとなく追いつめられているような気分です。
仕事しているのが分かっているはずなのに、昼間の繁忙時に携帯には学務課から着信があります。
この三連休明け、ある程度の結論を話し合うこととなりました。

想像以上に同じ区内にハンデのある子は多く、りこたんのように保育園と療育施設を両方行く子もいれば、保育園や幼稚園のみの子もいるし、保育園や幼稚園には行かないで、完全に年長にあたる年齢まで療育施設に母子通園している子もいます。また反面、一切に通わず、家庭保育からいきなり特別支援校に入学するお子さんもいらっしゃるんだという話も伺いました。

いろんな面でケアが厚く、とても良くしていただいてはいるんですが、実際はあまりにたくさんの障がい児に対してはあまりに少ない障がい児担当者(先生や療法士)に思えてなりません。

国も今は最優先課題が東北支援や原発対策だろうから、私たち子育てで悩みまた障がい児の就学で悩んだりこの先に不安を感じている親の気持ちまでには援助の手は伸びないのかとただ心配な気持ちになって滅入ってしまいます。

思ったいた以上に出来ていてびっくりさせられたり、もう出来ているからと安心していたことがわざと出来ないようにしてみて困らせてみたり、けがにつながるのではといういたずらをしてみたり、それはそれは、りこたん弾け飛んでいます。

多分、もしかしたら、今が一番悩む時期なのかなー。また、案ずるより産むが易しで、もう少し悩まず流れに乗った方がいいのかなー。

チョウジョが18になり、ジジョは13、りこたんは6歳。私の今まで生きた経験なんてなんの役にも立たないくらい個性がみな違いすぎそれぞれの生き方しています。
いつになったら、悩みなんか無くなるんだろうね…

まだ決心つかないけれど、登校拒否になってしまったら私仕事行けないし生活出来なくなっちゃうから、楽しく通えると言うことがやっぱり前提なのかな…
重苦しくってごめんなさい。

皆さんはどう決めましたか?
メールででも教えていただけたら参考になりますm(_ _)m

おやすみなさい☆
スポンサーサイト

| ケータイ日記 | 22:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/10/22 22:32 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newrikotanlife.blog41.fc2.com/tb.php/1144-87aafe01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。