まとめ買い 育毛剤 ワガママさんだけど・・・ りこたんライフ!!

りこたんライフ!!

2005年8月15日生まれの“りこたん”はダウン症児。2回の大手術を乗り越え合併症(心房・心室中核欠損、十二指腸狭窄)も克服し元気いっぱい。 “りこたん”の成長記録を写真日記で公開します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワガママさんだけど・・・

1日1麺のりこたん先生。
今日はお昼うどんでした。
ちょっとだけ気温も下がって4月並みらしく、格好は半そで半ズボンでさむそうかもですが。。。
あったかおうどんにしました。
06-05-01
取り分けて食べていたけど、りこたんの分のどんぶりのがちょうどに冷めたら、りこたんは、直接取り分けないでどんぶりでの食事をしたがりますので、
わたしは、どうぞとさせてしまいます。
でも、ちゃんとお箸も上手に使えていますし、いいですよね?
しいたけと玉ねぎと鶏のささ身を入れてお出汁を取って刻み玉ねぎを出来上がりに入れました。
りこたんは生の玉ねぎとネギが大好き。小さい子とはちょっと思えないくらいの生ネギ大好きさんです。

午後からお絵描きしました。
頂き物のシャープペンシルが嬉しくて、りこたんは準備した鉛筆もサインペンも使いません。
でも筆圧が強いし、じゅうたんの上ですから、思い通りに書けなくて(そうでなくても書けませんが)
芯がポキンポキンと当然折れます。
すると紙に字も絵もなにも書けませんよね。
「どーれかしてごらん」と言っても貸しても手渡してもくれず、
力いっぱい紙に穴が開くくらいぎゅるぎゅる、芯の出ていないシャープペンシルでしつこく書こうとします。
06-05-02
そして、とうとう、何もつかないことに腹を立てて、いじけて泣き出しました。
06-05-03
その後もシャープペンシルも他のペンでも絵を書く気にならず、
私もアンパンマンを書いてあげようとしたのに、怒って、全部取り上げられ、ぐしゃぐしゃにされちゃいました。

シャーペンを触らした、私も悪いんですが、
うちはお姉ちゃん達が歳も離れて大きいので、シャーペンから何から、りこたんの歳相応なものより、ちょっとだけ大人びた文具がその辺に転がっている状態です。
どんなに、お姉ちゃん達にお願いしても、忙しすぎる二人のスケジュールでは、管理も行き届かなくなるのです。
わたしは、毎日、落っこちている文具を拾い、髪の毛の結ぶゴムだとかヘヤピンだとか、オシャレに使ったなんだか良く分からないものをあの子達の出かけたあと仕方なく片付けてるのです。
本当はお姉ちゃん達に自分で片付けさせたいけど、帰ってくる前に、目ざといりこたんには全て見つかってしまって、壊されるか自分のお気に入りの箱に隠されるか・・・そんな感じなのです。
いずれ、シャーペンは危ないのでしまいこみました。
りこたんにと頂いたポケモンのシャーペンだけど、おうちで遊ぶのにはまだちょっと早すぎるので、時期が来るまでしまっておくことにします。


ほとんど、毎日やってるりこたんの小銭貯金。
今日も何十何円か、小銭を貯金させました。
2009-06-05 13_11_00№(035)
りこたん、ダウン症の子の割にはそんなには「舌」を出したまんまの状態ではいません。
でも、何かモノゴト特別に真剣になると、舌がぺろりんと出てきます。
放っておけば、べろ~っと出したまま、真剣に遊んでいることも無いわけではありません。
でも、私はりこたんが赤ちゃんの頃担当医師に、意識出来る様になると、舌をお口の中にしまえるようになりますよと聞いていたので、小さい頃から、『りこたん、した、でてるよー。』って教えてあげると、ちゃんとしまえる子となりました。
療育で1回、病院で1回、他のダウン症のお子さんのお母さんから、「舌っていつになると出さなくなりますか?」って聞かれたことがありましたので、お医者さんから言われたとおりの事を伝え、そして、声をかけて、“意識”させてあげること、を教えてあげました。
舌出ていてもかわいいんだけどね。気にしなくても、成長と共にお口の中に隠れますけど。
気にされているお母さんがいらっしゃいましたら、ダイジョウブって教えてあげたいと思いまして。。


ここのところのりこたん先生は、ちょっとワガママになりました。
思い通りに行かないと泣きます。
半端でない泣き方です。
でも、ワガママだけれど、私の言うことを解ってくれるようにもなってきてるのです。
泣かれても根負けせず、話すことが大事だと思います。

先日、学校で役員さんの仕事を手伝っている時にりこたん連れてって、りこたんに何かを話していました。
そしたら、他の学年のお子様のお母さんが・・・
「いや~、感心するね~。私、こんな風に子供に優しく話をしたなんてあったかしら???っておもってしまったよー。常にガミガミおこってたなぁ~。えらいね。子供のすることにキレないで優しくお話できて」っと言われてしまいました。
「確かに、私も上の子2人には、厳しかったかもしれないですよ~。でも、この子にはガミガミ言ったら逆効果なので、解るようにゆっくり話してあげてるだけなんですよ。これって意外とたたかいですよ」なんて答えてしまいました。

言ってみて、もう一回心の中で考えました。

やっぱり、りこたんについては、ワガママもありますけど、解るように話すこと、優しく話すことが基本です。私もニンゲンなので、イライラすることもあります。我慢の出来ないこともあります。
でも、それを考え直し生き方を変えてみようと、そういう道を作ってくれるために、このりこたんって人は生まれてきたんだと思います。
だから、やっぱり、りこたんは私の鏡と言うより師匠であり先生なのです。

おやすみなさい☆
スポンサーサイト

| 成長発見 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは☆
いつも元気なりこたん見てます(^o^)
今夜は寝る前に素敵なお話ありがとうございました。
ダウン症の子供を育てるって事は自分自身も一緒に成長するんですね…
ガミガミ ママにならないように頑張ります(●^o^●)

おやすみなさい~☆

| けろすけ | 2009/06/06 23:13 | URL | ≫ EDIT

けろすけさんへ♪

コメント本当にありがとう。とっても嬉しく思いました。
すぐにお返事書けなくってすみませんでした。<(_ _)>

寝る前に覗きに来てくれてるんですね。ありがとう。

私は、決して、同じダウン症のお子さんをお育てになっていらっしゃるお母さん仲間の事を上から目線では決して思ったり書いたりしておらないつもりですが、ヘトヘトの疲れ切った日などはことばの使い方など、気の行き届かない思いやりの欠けるようなところがよくあると思います。

いつも「みんな同じだよ」「一緒に育っていこうね」ってそんな気持ちで書いています。

本当は、私はお姉ちゃん達にはめちゃめちゃガミガミママなのですよ。
その軌道修正のために・・・きっとりこたんは生まれて来たのだと思っています。
りこたんが日々いろんなことをやらかしながら私に教えてくれて育ててくれてる気がしてなりません。

1日でも、人として、母としてもしかして先輩ならば、その経験を活かしてお伝えしていきたいそう思ってブログ続けています。
どうぞ、これからも閲覧来て下さいね。そしてまた何かコメントを置いて行って下さると本当に嬉しく思います。

| ファンタジア | 2009/06/10 23:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newrikotanlife.blog41.fc2.com/tb.php/258-d7b01d00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT