まとめ買い 育毛剤 耳鼻咽喉科 りこたんライフ!!

りこたんライフ!!

2005年8月15日生まれの“りこたん”はダウン症児。2回の大手術を乗り越え合併症(心房・心室中核欠損、十二指腸狭窄)も克服し元気いっぱい。 “りこたん”の成長記録を写真日記で公開します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

耳鼻咽喉科

10月22日(金曜日)にりこたん、お耳の病院に行って来ました。

18日の日記に頂いたコメントをこちらにちょっと持って来させていただきます。<(_ _)>

>耳鼻科にはかかっていますか?

>ダウン症の子供の中に、幼児期の3~5歳頃アデノイドが肥大して夜無呼吸を繰り返したり、眠れなくて何度も起きたり、中耳炎を起こしやすかったりするお子さんがいます。耳鼻科で診てもらえば診断がつきます。軽度であればそのまま様子を見ますが、日常生活に支障があるようなら手術をすることがあります。参考までに。


先月育成室に入室したばかりの時、担任の先生、ナースの先生と面接があったとき、「今1番気がかりなことは?」と聞かれて、耳鼻科、歯科、眼科のかかりつけのお医者さんを決めまずは問題が無いかを調べ、何か悪いところがあったら治療に通いたいことをお話したんです。
育成室では毎月、小児科、神経科、整形外科の医師が集団検診をしてくれます。耳鼻科、眼科の検診もある月もあります。
その時に相談してみてもいいですよと言われていたのですが、実際、歯と耳のことはとても気になっていて、歯科検診が終わって一応虫歯が無いけど予備軍が1本あることをわかって、わかった事だけでも育成室に通うようになったことを感謝する気持ちでいっぱいでした。
そんな時、なんどか日記に書いてましたが、時々ある寝付けないでもしくは夜中に突然泣き愚図るのは“アデノイド”がもしかしたら原因・・・!?には、正直、前に耳鼻科にかかってから1年以上も連れて行ってないことに対してものすごい無責任だったことを悔い、せっかく健康なお耳を持っていたのに放置してしまったことで手術にでもなれば、とりこたんに申し訳ないことをしたと、不安なきもちでいっぱいでした。(アデノイドはお耳ではなく扁桃?だけど)
ですから、コメントを下さる皆様には心から感謝でございます。<(_ _)>


耳鼻咽喉科は、ダウン症のお子様のいらっしゃる方とか、託児所の所長さん、保育士さんから(紹介と言うこととは違うけど)、「いい先生だよ」と聞いてたところだったので、さっそく行ってみました。どちらかというと患者のほとんどが小さい子でした、午前に行ったからかもしれません。これだけのいっぱいの患者さんが待っていると言うことはいい病院だという証拠なんて気がして、待つのもそんなに気にならず、相変わらず、りこたんには持ち歩きようのお絵描き道具を出してお絵描きさせたりして待ちました。大きな水槽には海水の熱帯魚が居たり、ビデオの上映、絵本はそこいらへんでの病院ではありえないくらいの量が揃ってましたし、わからなことを質問すると忙しがらないでとにかく親切に受け答えしてくださる看護士さんたちの姿勢には院長先生の運営の良さが表れていました。

あっという間だと思ってましたが、1時間半待ってました(^^)
順番が回ってきたら、りこたんは院長先生が直接診察してくださいました。

私がりこたんを抱っこして足でりこたんの足を挟むようにしてりこたんの手をしっかり持ちます。
看護士さんがりこたんの顔、頭を押さえ、先生が診察をなさいます。
のどのあーんも上手に出来て、りこたんは泣かないで立派に診察が終わりました。
そして、りこたんはこっちに一緒に来てね、って看護士さんに連れて行かれ、私だけ説明を受けるために残ります。子供と親を別けて時間の節約を上手にしてるところがすごいし、子供を泣かせないのがめちゃめちゃ感心しました。

・耳は大分汚れていますから月曜日に薬を使って取りましょう。(あとで詳しい説明を看護士と薬局からうかがう)
・鼻は菌が悪さして『急性蓄膿(ちくのう)』になっていますので、抗生剤と点鼻を出しましょう。ちょっと簡単には治らないのでしばらく通院してください。
・鼻(入り口)も菌で痛そうになってますのでこれは軟膏を出しますね。
・月曜日にまた来て下さい。

と言うことで、診察が終わり、先生に挨拶をして、看護士さんに「ママさんはこちら」と案内された場所でりこたん、ひとりで吸入していました。
看護士さん、慣れているんだろうとは思うけど、りこたんにも分かるように説明し、りこたんちゃんと理解して、ひとりで吸入のおくちにあてるところをお手手でおさえて吸入してて、本当にびっくりというか感心と言うかとにかく嬉しくなってしまいました。
「りこたん、全然泣かないでえらかったね~!それにきゅうにゅうもやっていたんだ!えらいね~!終わったら大きな丸あげるね~」と言ったらにっこり。そして吸入は長いものではなかったようで終わりました。
ここで、点鼻薬の説明を受けました。
そして診察終了。受付を終わって、処方箋を持って同じビルの薬局に行きました。
10-23-02



たくさんの種類のお薬が3日分出ました。
10-23-01
(点鼻は他にもう1本あってこの白いのと混ぜて振ってから使います)

10-23-03
お薬を待っている間、ビデオを見てるりこたん。(ディズニーのアニメ映画が上映中でした)

10-23-04
絵本を読んで、ってもって来るりこたん。3冊、持ってきました。そのうち一冊は読んでくれっていうわけでなく(私がメールしていたので)自分で真剣に見ていたのでなんだろうと覗き込んだらオレンジページのお料理のページでした。笑っちゃいました(*^^*)

10-23-05
帰り道、お耳とお鼻をイイ子にして診てもらったからってご褒美にミスタードーナッツに寄り道しました。
りこたんの大好きな黒糖黄粉のポンデリングです。
そして、特別の特別なご褒美に赤ブドウソーダです。本当はまだこんなちいさなりこたんだから炭酸飲料良くないんだけど、ついつい喜ばせたくて飲ませてみました。
「おいしい」「おいしい」の連発でした。
両隣の若いお嬢さんがニコニコとりこたんの事を見てました。



詳しい検査をしたわけではないのですが、とりあえずアデノイドとは診断されませんでした。
でも、お耳も以前、中耳炎ではないけどなりやすいので気をつけるようにと言われてましたし、私は風邪を引くたびに急性副鼻腔炎になるし、りこたんのパパは小さいときに蓄膿症をやってたみたいなので蓄膿症とかアデノイドとか、常に心配をしていかないといけないと思いました。
混んでて大変は大変だけど、どのお母さんたちも同じ思いで順番を待っているわけですから、混んでることは問題ありません。しばらく通うのもまた大切な体験であり、りこたんや私の成長に繋がると思うのでまたある意味楽しみにして通院したいと思います。
でも、明日はりこたんの大っ嫌いな耳のお掃除・・・・あばれるぞ~~~きっと。
前もって、ミノムシにしてくださいとお願いしてます。。


汗ブチかき覚悟して行って来ます~







スポンサーサイト

| 病院関係 | 23:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

りこたん 大きな病気じゃなくて一安心ですね。

耳鼻科の吸引もひとりでちゃんと出来て…
しっかりお姉ちゃん(^-^)

ファンタジアさんが嬉しかった気持ちすごく伝わってきました(o^-^o)
ほんわか優しい気持ちになります。

ご褒美のドーナツも美味しかったでしょうね♪

りこたん お薬上手に飲めますか?

| けろすけ | 2009/10/26 23:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newrikotanlife.blog41.fc2.com/tb.php/403-91aeb714

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT