まとめ買い 育毛剤 ごめんなさいが言えなかったけど、 りこたんライフ!!

りこたんライフ!!

2005年8月15日生まれの“りこたん”はダウン症児。2回の大手術を乗り越え合併症(心房・心室中核欠損、十二指腸狭窄)も克服し元気いっぱい。 “りこたん”の成長記録を写真日記で公開します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ごめんなさいが言えなかったけど、

今日も耳鼻咽喉科の受診日でした。
今回は初診では無いので家で居るうちにネット予約なるものをしてみました。
雑居ビルの中に入っている病院なので今日は雨の中ビルそのもののオープンを待ちました。
バーゲンではないけどまるでバーゲンセールの開店のように、警備員によって10時に自動ドアが開けられると我先にとみなさん、目的は一緒のところに走ります。
私は、ネット予約済んでいるから並んで一番でも早く番号を取りたい人のためにのんびりとエスカレーターに乗りました。

りこたんの通い出した耳鼻咽喉科はものすごくお子様患者が多く、全体の8割は・・と思えるくらい(もちろんお子様の親を抜いた状況でです)の数の幼児や赤ちゃんがいっぱいいるんです。きっと午後からの診察には小学生とか中学生が増えるのではって思ったりしましたが・・
実に回転率のいい診察なので予約人数の割にはそんなに待たないで順番が回ってくると思います。

私はお出かけグッズはいろいろ取り揃えている方だと思いますが、病院の時は出来るだけ行き帰り寄り道しないようにして荷物を少なくしています。りこたんの待ち時間の遊び道具は基本的にお絵描きGoodsのみ、絵本は病院のをお借りしてあとは廊下に出て気分転換や水槽のお魚を見せたり、無料で飲めるミネラル水を紙コップに自分で注がせて飲ませたりとやっています。
前回も今回も、お絵描きさせて待たせるのは大成功でした。
10-26-01


おうちでは紙は何かの裏だったり、1番安いシリーズのコピー紙を特別にあげたりしてスケッチブックはお出かけ用のみです(お誕生日のときだけはおうち用の大きいの買ってあげましたが)
おうちでは水で落ちるタイプの色鉛筆と、クレヨンでお絵描きしています。
お出かけ用は前は色サインペンをつかわせてましたが、机とか紙の延長上まで色付けしてしまうことがあり、最近、小さいサイズのクーピーに変えてみました。いろは12色のものです。


前置きが長くなりました。

病院の待合室ではけっこう待ち飽きたお子様もいらっしゃいます。
今日のりこたんもそうでした。
もう、おちゃらけておちゃらけて、看護師さんには抱っこをせがみ、廊下にあっという間に出て行って逃げていってしまいそれを追いかけて連れ戻しては、元居た場所に座らせていろいろ遊んであげてました。
りこたんにアンパンマンの絵本を持ってきてあげたらとても喜んだので、持って来ては読んであげたり眺めさせてみたり、そうして4冊目の本を持ってきたら、りこたん、自分のアンパンマンの本を椅子の上に放置し、長いすの端っこで真剣にアンパンマンの絵本を読んでいた男の子の絵本を取り上げようとしました。イキナリだったので、私もすっごくびっくりしましたが、その取られそうになった男の子もすっごい声をあげて、「なんだよー!この子いじわるするー!ママーこの子いじわるするから助けて~!」とお母さんに助けを求めました。
私も、直ぐにりこたんを抱き上げて、その子に「ごめんね、いじわるしたんで無かったの、まだ、「かして」と「ごめんね」が言えないの。この子が悪かったね、ごめんね。お母さんが代わりにあやまるから許してあげてね」と咄嗟にそういいました。
「いやだよ!ゆるさないよ、だって、この子がいじわるするんだもん!」本気で怒ってます。
お母さんはこの子の妹さんであろう赤ちゃんを抱っこで、赤ちゃんも愚図っていたので、気が気でなさそうに、「○○君、小さい子にもっとやさしくしてあげなさい。」と言ってくださいました。
私は、「本当にすみませんでした。取り上げたりするのはいけないことと教えてるんだけど、まだ、よく分かってなくって本当にすみません。」と謝りました。
その子のお母さんは「だいじょうぶです」と言ってくださいましたが、男の子がまだ不満げに怒っています。

りこたんに、「りこたんもりこたんのものを取り上げられたら嫌でしょ?」と聞いたら、「うん」とうなずいて、「だったら、りこたんもお友だちが先に読んでいる絵本取ったりしないで、読み終わったら、『かして』を言えばいいんだよ」と言いましたが、ぷいっといじけたふうにして、遊び出しました。
いつの間にか、男の子はお母さんと一緒に中待合に行ってて居なくなってました。

りこたんにお絵描きをまた出しました。
りこたんはにっこりと微笑んで真っ白いページに、赤いクーピーでグルグルとお絵描きを始めました。
いつの間にか、例の男の子がりこたんの眼の前に立っています。
「何かいてるの?」
もちろんりこたんは無言だから、私が答えます。
「何の絵かなぁ?ぐるぐるの丸を描いてるんだと思うよ。」
「かわいいね」
「あらほんとう?かわいいっておもう?ありがとう」
「ボクにもかして」とりこたんがケースに戻したばかりの赤のクーピーを手に取りました。
りこたんが、「う~!」とうなって反撃するように怒りました。
「りこたん、いいじゃない、いっしょにお絵描きしよう」と、私はスケッチブックを開き、私が両開きの状態を支えて、りこたんを右のページ、その男の子に左のページにかいていいよと、白い新しいページを開いてあげました。
りこたんは、ピンク、オレンジ、とグルグルの絵に今度は青や緑や紫を足して描いていきます。
男の子は赤でさいしょは「おばけをかく」と言って、顔をかいてましたが、そのうちに塗り重ねてまっかな絵になりました。
「ねぇ、ボクのお年を聞いてもいいですか?いくつになりましたか?」と聞きました。
「4さい」(やっぱり)
「おたんじょうびはいつだったの?」
「もうおたんじょうびおわったよ。9月に4才になったの」
「そうなんだぁ。ボクはおしゃべりがとっても上手でおばちゃんによく分かるようにお話できてえらいね」と褒めちゃいました。だって、りこたんとおなじくらいかなぁって思った感は当たったけど、二人を見比べるとどうもその差の激しさに、ちょっと。。。
それにしても、お母さんは??と思ったところに、看護師さんが来てくれました。その子のお母さんは赤ちゃんを抱っこして診察を受けておられるようでした。
そして、呼ばれたのは、りこたんの名前、りこたんは右手を挙手して「はーい」と答えました。
男の子に、「お絵描き途中だけどゴメンネ、お絵描きしまっちゃうね。また今度ね。」と約束のようなこと言って、「えー!」とか言われたけど無理やり納得させてカバンにしまって中待合に行きました。

なんだか、4歳とはこうもお話が出来るのかとほんと驚いちゃってしまい、うちのチョウジョ、ジジョはどうだっけ??と思い巡らしたけど、4歳がどうだったかと言うときっとここまでの話が出来てなかったかもしれません。うやむやな記憶だなぁって思っていたら、速攻でりこたんの番だと言われ、りこたんを抱っこで私が診察台に乗りました。
今日のメインはお耳の掃除でした。朝と待合室でと指示通り耳垢をやわらかくするお薬を差してましたので、想像していた化石は取れませんでしたが(いつもは化石がにょろにょろと出て来ます)(>_<)
奥まで詰まっているものをキレイにかき出して頂きました。そして、鼻の治療です。今回は鼻の方は簡単に済みました。
先生に「中耳炎になっていませんよ」と言われました。今回もまたホッとしました。
鼻の方がまだ治療を始めて日が浅いので、このままだと鼻水のほうから中耳炎になる可能性もあるということで、鼻のほうのお薬でまた別の点鼻薬が出ました。
点鼻がね~、りこたん嫌いなので、ちょっと私へこたれそうですが、りこたんの事を中耳炎にされませんから頑張るしかありませんねo(#^^#)o

文字で伝えると簡単に終わったみたいにさらっと書きましたが、実際は大泣きされちゃいました。
どこからこのバカ力が出るのかというくらいのりこたんの激しい抵抗には参りました。
本当にお耳に触られるのが嫌いで仕方ありません。
耳の掃除のために、なんと、4人の看護師が付きました。私は足をクロスしてりこたんを押さえて座ってますので、りこたんのことを抑えるのは5人の10本の大人の腕でです(;´Д`)
みんな慣れっこでしょうけど、さすがにりこたんの大暴れにはびっくりしてました。



りこたんは、あまりに力と声を出したせいか、治療が終わって、ひっくひっくと泣きながら会計の待合であっという間に寝ちゃいました(^^;
まるで気絶したかのような寝入りでした。
「りこたん、がんばったね、怖い思いさせてごめんね」と謝りました。
10-26-02


りこたんは今日、病院で待っているときに、水槽の熱帯魚と造花のお花を「かわいい」って言葉にして言えました。そして、その造花にいつもお花にそうするように、「ふぅ~ふぅ~」て息を吹きかけていました。これはタンポポの綿毛をふぅ~って吹く事を教えてやるようになってから、お花というお花に息を吹きかけるようになってるんです。
りこたん、以前は「かーい」って言ってたんだけど「かわいい」って言えるようになりました。
それから、家に帰って来て、夕方りこたんも落ち着いて元気を取り戻してからですが、私がくしゃみを連発でしました。私のくしゃみは文字通りに「ハックション!!」と出ます。(笑) たぶん、5連発位したかと思います。
りこたんが「はっちゅん、はっちゅん」って真似をして、お手手で口を押さえました。
真似っこしたね~って笑ったら、りこたん、私の頭を「はっちゅん、ヨシヨシ」って撫でてくれました。
(T_T)。。優しいね~。
「はっちゅんヨシヨシ」には参りました。
りこたんにありがとうを言って抱きしめてあげました。


りこたんは、今日病院で男の子にごめんなさいが言えなかったけど、そのかわり、その男の子にスケッチブックを共用しクーピーを貸してあげることが出来ました。
そして、お花やお魚を「かわいい」と思うことが出来て、それを言葉で表現も出来ました。
そして、私のくしゃみをまるで“God bless you! (お大事に)”って言ってくれたかのように、ヨシヨシしてくれました。

私は、りこたんがごめんなさいが言えなかったけど、今度きっと言えるようになるだろうし、それよりも、優しい心の子供に育ってることが分かってすっごく心が満たされました。
10-26-04



おやすみなさい★
スポンサーサイト

| ダウン症 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newrikotanlife.blog41.fc2.com/tb.php/405-b22d30b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT