まとめ買い 育毛剤 とうとう歩いたぁ♪ りこたんライフ!!

りこたんライフ!!

2005年8月15日生まれの“りこたん”はダウン症児。2回の大手術を乗り越え合併症(心房・心室中核欠損、十二指腸狭窄)も克服し元気いっぱい。 “りこたん”の成長記録を写真日記で公開します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とうとう歩いたぁ♪

おととい、パパだけ見てたところで7歩、昨日、みんなの見てる前で5歩歩いてしりもちついてまた立ち上がって5歩、の連続を数回。
そして、今日・・・とうとう、とうとう、12歩歩きました。
本人、そうとう得意げ。嬉しかったみたい。
家族と一緒に、『イェ~イ!』と言って手をパチパチ拍手してました。
1歳と11ヶ月、ダウンちゃんはだいたい2歳頃に歩きますが、中には3歳になって歩けたり、4歳になって歩けるようになる子もいます・・・と聞いていました。
PTで始めた歩行訓練も効を奏して、最近とってもタッチでいる時間がとても長く、立ちながらいろんな行為も出来ていたのでステップが出るのも時間の問題と心待ちにしていました。
来月のお誕生日を目の前の1歳と11ヶ月、歩けるようになりました。
もちろん、まだまだ、スタスタとではありません。しりもちはつきながらつきながら、とっても努力しています。
なんとなく、って言うか、とってもほっと致しました。

pt

先週の金曜日、PTでした。
今月は私の夏風邪でお休みしてしまい、一月でたった一回のPT。。
でもりこたんは先生が大好き、そして、おもちゃたちが大好き。
選り取り見取りの知育玩具やボールたちに心は奪われ、PTそのものを楽しんでいます。
また夏休みと言うこともあって、菊姫も連れて行きました。

PT2
菊姫の前だから?なのか、星の形のワッカもスコンスコンじょうず~に入れます。

PT3
前回苦手でイライラしちゃって上手に出来なかった、○△□のシェイプ(形)の積み木を同じ形の穴に落っことすやつ、上手に入れれるようになりました。
これって出来ると、親は嬉しいものですね~。
親も(わたしも)菊姫も先生もみんなで大拍手♪そうすっとりこたんもやっぱり『イェ~イ!』と言ってパチパチパチ~なのです。

りこたんのイェ~イ!にはPTの先生も「りこたん、イェ~イ!って言えるんだねっ」って私に伝えてから「そっかぁ、お母さんが『イェ~イ!』ってよく言うから真似っこしてるんだ」とおっしゃいました。そうなんです。私は菊姫の赤ちゃんの時も桜姫の赤ちゃんの時もそしてりこたんの時も何か出来たりして喜ぶ時は「イェ~イ!」でした。「よいしょ、よいしょ」に「はぁぁ~・・・」のため息のほかに無意識に私のことばをりこたんが真似ているんです。一生懸命手をパチパチさせて喜ぶ姿は本当にかわいらしく我が子ながら実にかわいらしく思います。
動画、いつも撮り忘れますが、今度こそ撮ってUPしますから楽しみにしていてくださいね(^^)


※(7/24火曜日朝8:45頃追記とちょっと書き直しを入れました)昨夜。この続きがあると、言う事で続きをまた後で書きますと表示し日付が変わる寸前、いったんアップしたのですが、・・・結局その後はブログの作成は出来ませんでした。ですので、続きにあたる部分は今日の日付にしてまた新しい日記をUPすることにします。よろしくお願いいたします。m(__)m

(旧ブログからインポートし新ブログへ移行しました。カテゴリは「親の思い」から『過去記事』へ変更しました。 2009.11.20 )
スポンサーサイト

| 過去記事(旧ブログ) | 23:59 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

歩いたんだ。おめでとうv-238

| みゆきちゃん | 2007/07/24 00:06 | URL |

おー、歩きだしたね

得意げな顔を思い浮かべてみました。
ダウン症だって、一歩一歩確実に進歩してます。成長が見えたときが親にとっては何よりのよろこびですよね。これは、この気持ちは健常者にしたってみんな同じです。
うちの大介はいつ歩いたんだろう?よく覚えていませんが。歩き出す前は、足の運動を欠かさずやってました。足の筋力をつけさすために、毎晩のように、曲げたり、伸ばしたり、おかげで蹴飛ばす力はついたようです。
歩いたこともですが、りこたんにとっては、歩いたことを、お母さんが、お父さんが、兄弟が、喜んでくれたことが、とってもうれしいんです。
おめでとうございます。

| 大介パパ | 2007/07/24 01:13 | URL | ≫ EDIT

りこたん、おめでとうv-344
努力の成果ですね!!
先週、夫が出張でいなかったので、実家に1週間ほど帰ってました。
日中は暑いけど、朝晩の涼しさは最高でしたv-398(実家はエアコンなしです)
帰ってきてブログ拝見しましたが、女の子だし、顔立ちの問題にふれられたら
今の自分はあたふたするだろうな・・・って正直思ってしまいました。
弱い母だと、いつも反省の日々です。りこたんのままのように
強くなりたいと思います!!
動画楽しみにしてま~すv-352

| ひよまま | 2007/07/24 11:29 | URL | ≫ EDIT

イェ~イ♪

りこたん、もう歩くのが楽しくって楽しくって♪って感じかな?
頑張ってるね!
ほっとしたっていう気持ち、すごく分かります。
お座りした・ずりばいした・はいはいした・あんよした
ってひとつひとつの事が嬉しく、感激し
その反面なかなか出来ない事に焦り、ため息をつき・・・。
お友達と比べても仕方ないとは思っても
ついつい・・・ね
でも我が子は我が子なりに成長しているんだよね。
さあ、りこたん!いっぱいいっぱい大地を踏みしめよう~~

| きゅー | 2007/07/24 11:36 | URL |

うわお~!素敵なりこたん!!おめでとう♪
 
得意げな顔が目に浮かびますよ。この頃のあんよは、また格別に可愛いですよね。なんだか私も嬉しくってついつい笑顔になりますよ。
りこたん、見知らぬ私にも幸せをありがとうね。

| つっきん | 2007/07/24 13:19 | URL |

おめでと♪

りこたん、すごいね!
2歳前に、こんなに歩けるようになって。
言葉も早そうだし、何でも器用にこなしていけそうで、楽しみね♪
でも、あえて、ここを読んでいる、りこたんと同じぐらいの年の
お友達や、あるいはもっと小さいお子さんの親御さんのために
付け加えると、歩き始めるのが、遅くたって、全然大丈夫だから、
どうそ、心配しないでくださいね! りこたんは、特別早い方ですから。
遅くても、みんな歩けるようになりますから。
歩かないうちは、お座りしてできる遊びを、めいっぱい楽しんでくださいね。
なーんて、りこたんのブログで、よけいなことをゴメン!
でもね、この時期、ほかの子の成長が目に見えて、
一番気になる時でもあるから、たぶん同世代の子のママたちにも
たくさんの読者がいる、りこたんライフだからこそ、
ここを読んで焦ったり落ち込んだりしてほしくないからね。
(なんて、人のコメントまで読むかわかりませんが)
私たち、節目節目で何度もクリアしていかなくちゃいけない、
「みんなちがって、みんないい」ってこと。
そういう私も、まだまだですけどね。
何にしても、歩き始めると行動範囲が広がって
ママもさらに大変になるから、やはり体力はつけておかないとね!

| カメ | 2007/07/25 06:06 | URL | ≫ EDIT

みゆきちゃんへ♪

まだまだ、本格的なんではないんですけど、一歩二歩と数えたら12歩歩けていました。
嬉しくって嬉しくってご報告のブログを書きました。
一緒に喜んでくださってありがとうございます。

| ファンタジア | 2007/07/26 14:36 | URL | ≫ EDIT

大介君のパパちゃんへ♪

v-218はい、たとえ、健常児の親でも自分の子供が歩く、・・・と言うような成長の現われを見ることは親の最高の喜びであり、また親として頑張ろうと言う励みにつながります。菊姫も、桜姫も1歳2カ月で歩き出しました。おじいちゃんの話だと私も1歳2カ月だったそうです。健常の割りには若干のんびり屋さんでした。
りこたんのゆっくりの成長は、今の私のペースにはけして「ゆっくり」と思いません。むしろ、このゆっくりさがちょうどいいくらいです。PTもあっても月に2回、だいたいが月一です。だから、りこたんの歩行はりこたんが伝い歩き、カタカタ押し歩き、歩行器歩きが大好きで大好きでりこたん本人の努力によるものだと思います。手術などの大きな病気の入院中につくづく思ったのが、「りこたんは頑張り屋さん」でした。このやっと出た一歩は将来のいろんなことに繋がるものだと思います。まだまだ、自力歩行を好んではしようとせず、椅子を押したり洗濯の籠を押したりと何かに支えられての歩行を楽しんでいますが、出来たことを一生懸命ほめて励ましてもっと出来るようになるようにサポートしていきたいと思っています。
今度は「得意げ」なお得意のポーズの顔をUPしますので期待しててね~

| ファンタジア | 2007/07/26 14:46 | URL | ≫ EDIT

ひよままちゃんへ♪

きゃぁ、ひよままちゃん、おひさし~i-233そっかぁ、秋田に帰ってたんだぁ。あっちも暑いかと思ってたらやっぱ朝晩は涼しいかぁ、、、いいなぁ、何年も秋田帰ってないからちょっとホームシック状態です。。。
なかなか帰れない、骨を埋める覚悟で埼玉来たのだからしょうがないんだけどね~・・・お国の話、いろいろ聞かしてくださいね。またi-176
ひよちゃんはまだ赤ちゃんだから、ひよままちゃんもまだまだ成長期なのよ。
ままってね、お子様と一緒に育っていくの。
私もね、最初っから強くは無かったわ。
母暦約14年、のうち、実は12年は母子家庭でした。
普通後半母子家庭になるかもしれませんが我家は逆でね・・・
家には赤ちゃんと私のたった2人ぽっち・・・不安で不安で仕方なかったです。しょうがい者ではなかったけど、ALLたんぱく質ダメってくらいのヒドイ食物アレルギーでたんぱく質補給源のため、やむなく母乳を3歳まで与えていました。あとはね根菜類を中心にしたおかずにご飯に味噌汁で育てましたよ。大反対を押し切ってさらに二人目を持ち、だんだんと強くならざるを得ませんでした。
実家の母が上京した折、子供達と4人でお台場の見物(私のお店が台場だったので)案内してたとき、若いカップルの男の子の方から私に「母は強しですね」と言われたのが・・・けっこうキマシタ。どんな風に私は彼らの目に映ってたのか・・・二人の子を私のみの稼ぎ(自営)で育てるのは大変でした。文字通り髪振り乱してね駆け回ってました。
でもね~。母は強ければ強いほど、女の私は弱かったのよ・・・
だから、パパにお嫁にもらってもらえるとなって、私は本当に幸せに思いました。ダウン症のわが子を「2人で力を合わせて育てれば、ダウン症でも問題ないよ」と言ってもらえたこと、「ダウン症を産んでおめでとう!の確立だよ」と・・・笑顔で言われた時は嬉しかった。パパも最初から強かったのではなく、強くなれたのはネットの情報のお陰、ダウンちゃんの諸先輩のHPのお陰なのです。
だから、私はちいちゃなダウンちゃんたちのママちゃんたちに一生懸命エールを送るんです。それが使命だとも感じています。
どんな子だってわが子には変わりなく、かわいくって仕方ないのもどの親の持つ感情と一緒です。私達はどうどうと胸を張って生きて生きたいです。
何でも聞いてください。私達がホンのちょっとだけ先を歩いた分、その解決策を知ってますから・・・私もかなり悩んで大きくなったのをカメちゃんだ、mayちゃんだ、ウッキィ~ちゃんが知ってます。
何よりも自分を強くし、育ててくれるのはひよままちゃんにとってはひよちゃんで、わたしにとってはりこたんなのです。
この子達を守れるのは母なのです。
ひよままちゃんも絶対ダイジョウブですi-234
アンヨの動画、楽しみにしていてね~

| ファンタジア | 2007/07/26 23:07 | URL | ≫ EDIT

きゅーちゃんへ♪

うん(^^)ほっとしましたぁ。
確かにブログをあちこち見てると誰ちゃんは歩いた、誰君はこんなこと出来た・・・と、うらやましくなったりしちゃってました・・・
いやいや、歩くの時間かかったら他の事で頑張るべ~なんてね、りこたんのやりたがることをまず優先、そしてりこたんの個性を一番に伸ばそうとしてきました。だから、わたしはそれほどため息をつかないで来れました。(たまにはあったけどねi-236
病気を乗り切れさえすれば、あとはのんびりでもいつか出来る日が来るんだもん、私はとにかく病気との闘いが優先でしたから。。
つくづく元気になったりこたんを見て、手術を受けてよかったとも思うし、何度も入院したし、良く通ったなぁ・・・良く頑張ったと自分をほめたくなります。
一番頑張ったのはりこたんだし、それを一生懸命ほめています。
意外や意外、りこたんは大人の話をよーく聞いています。
え!?ってびっくりするくらい、人の話を聞いていてその話題にそった手遊び表現をします。
だから、あちら側から自分の意思はうまく伝えきれてなくても、こちら側の言いたいことはどうやらかなり伝わっているんだと私は思っています。
そう信じて、対応しています。
2歳に近づいてきたら実にそう感じます。
でもね、ニンゲンだもの、一喜一憂ってあって当たり前と思います。
失敗は成功の母だし、悔しさは明日のバネだもん、常にため息ついた後は切り替えですよ。いつかできるときのことを楽しみにしましょう。
わたしはね、さぁ、ブログでみんなの報告だぁ・・・っていっつも思っています。
いつの間にか、りこたんの成長をブログネタ化してるけど、これって形をweb日記にした成長ダイアリーなのです。ただ、普通の日記と違うのは自分のためだけに書いてるんではなく公表してるってことですね。
そのことが、私達親子をさらに頑張らせてくれます。正直なものでブログには脚色もうそもありませんから・・・
きゅーちゃんはブログしないでブログをチェックしコメントすることでブログつけてることと同じくらいのことをしてると思いますが、きゅーちゃん自身が良く分かっているように我が子は我が子なりに成長してます。う~んちょっち遅いぞこらi-191とピキピキ来ても、これが遅ければ、これはすごいよってのを見つけてあげればいいと思います。ほめて鍛えればけっこうやれる子になってますし(^^)
なかなか時間無くってごめんね。私はやくきゅーちゃんとこの愛ちゃんもお友達の部屋で紹介したいんだ。こんなにかわいい子が居るんだよって。
愛ちゃんも間違いなく自慢のお嬢さんです。
まだまだ、下手っぴの歩き方ですが、歩くのが大好きでしょうがないみたい。。こっちが疲れちゃってますが、なんとか付き合ってあげてます。
わたしも落ち込んだり凹んだりすると相談するから、きゅーちゃんもがんばるべ~、エイエイオーだぜe-68

| ファンタジア | 2007/07/26 23:53 | URL | ≫ EDIT

つっきんちゃんへ♪

ご無沙していま~す(^^)いつもありがとうございますi-176
頼りなくって危なげな・・・そんな歩き方が私達大人の気を引きます。
数日前は耳鼻科を貸切の状態でイス押し歩きを思う存分致しました。
昨日は満員の耳鼻科をそこのけそこのけ状態でイス押し、ソファ伝い歩きなどなんと二時間もの待ち時間をほとんど休み無く遊んで過ごしましたが、昨日はもう注目の的。私は謝りっぱなしの状態でしたが、歩き出した赤ん坊は「あるきたいんだ」と言うことでかなり皆様大目に見てくれました(本当は赤ん坊では無いんだけどねi-229
アンヨが出来るね~、お誕生日は来たのかな?とか、
ちっちゃいけどしっかりしているね・・・とか、
いろいろとお声をかけていただきました。
ずっとずっと微笑んで眺めてくれてた大人もたくさんいました。
他にもたくさん赤ちゃん連れがいるのに、りこたんとりこたんママの私ばかりお声をかけてもらって・・・家に帰ってから考えたら、それってりこたんがスゴイんだなって改めて思いました。
面白かったのはパンチパーマの色眼鏡の髭面のシルクのスーツのおぢさんに『ばぁ~』したりこたん、キャっ・・・(^^;とか思ったけど、そのおぢさん、なんどもなんどもりこたんの『ばぁ~』に付き合ってくれて強面でなくなってニコニコおぢちゃんになってしまい笑っちゃいました。ご年配の方も喜ばして、つくづくりこたんには癒し効果あるんだなぁ~と感心してしましいました。
どうぞ、いつまでもりこたんの笑顔とりこたんの愛らしい姿を見に来てくださいね。私も身体の続く限りご案内を続けていきたいと思っています。

| ファンタジア | 2007/07/27 09:12 | URL | ≫ EDIT

カメちゃんへ♪

カメちゃん、やっとカメちゃんへのお返事にたどり着きました。遅くなってしまってごめんなさい。
ハイ(^^)やっと数歩が出ました。まったくもう危なっかしいしりもちつきながらのアンヨでまだ歩行とは呼べないと思いますが、私達、親、家族を安心させ喜ばせてくれました。
ダウン症の子は2歳前後から歩ける様になりますが、歩き始めが3歳とか4歳の子もいます。また特別に早い子で1歳半、1歳2ヶ月とかの子もいますとりこたんが生まれてすぐにダウン症の診断をしてくれた大学病院のドクターが言ってました。
産院の医者と違ってこちら(大学病院)のドクターはダウンちゃんを診るのもダウンちゃんの母になりたてのお母さんたちに接するのも慣れていてことばを上手に選んで話してくださったのを記憶しています。りこたんがまだ赤ちゃんだった頃、ダウン症だからこれはまだまだ出来ない、これもなかなか出来ないだろうみたいな表現をするとパパにものすごく怒られました。「決め付けは良くないって・・・」ダウン症だからと決め付けないで何でもやらせなさい、やれる子だから・・・と(かなり親のひいきめが入ってますが・・・)
私は医師から言われたこととパパから言われることの狭間の中で悩みながら試行錯誤してやってきました。
これはみんなといっしょで「初めての経験」なんですよね、ダウン症の子を育てるって。パパと力を合わせて育てようと約束したのだから、パパの意見をかなり尊重しました。それと私は菊姫と桜姫をある意味好きなように自己流で育ててきました。だから、りこたんはお腹にいるときからパパが好きなように育てていいよと約束しちゃってたのです。そうはいっても育児担当は私なので私の流儀での育児にどうしてもなっちゃうんだけど、大切な部分はパパに意見を求めパパの指示通りにしてみました。「勝手」をとても嫌う人なのでそれは良く相談しました。ぱっと見た目は家族の愛情いっぱいに育まれた・・・って感じですが、厳しい母ともっと口うるさい(笑) パパの間の子です。意地っ張りなのも母と父の両方の血を受け継いだんだって実に思います。そんな中での歩き始めでした。
カメちゃんのおっしゃられるように、書くにあたり、うちの子はまだ・・・に対する懸念はまったく無かったわけではありません。
だけど、うちよりももっともっと早くすでに歩いている子のブログでその発表を聞き、ヤキモチな気持ちや悲しい気持ちになったことは一度も無く、むしろ同じダウン症の子、同じ歳の子でなんとも言えない誇らしい気持ちになり素直におめでとうと言えました。
前からずっとりこたんを注目してくださっているお母さん、お父さんたちにまずは報告しなくちゃいけないという使命感もありました。
私が、りこたんを産んでまもなく不安でいっぱいで検索で「りこすたいる」に行き会ったときにりこちゃんの屈託のない笑顔に号泣しました。こんなに素敵にダウンちゃんを育てている人がいる。こんなにかわいいダウンちゃんも居るんだって。彼女(りこちゃんも、satoさんも)は私の星となりました。う~ん、希望の星ですね。。うらやましくもあり、目標となりました。
そののちにたくさんのカメちゃん大先輩をはじめいろんな方と知り合いました。最初のほとんどの方はダウンちゃんの親として先輩の皆様です。
そして、だんだんと進めていくうちにりこたんが先輩となり始めました。りこたんよりも小さな赤ちゃんダウンちゃん、そして、ダウンちゃんママ歴浅い初心者マークの方がブログを訪れ、私も最初そうだったようにコメントをつけれず読むだけ、感想はメールで・・・のお友達が増えました。
それだけ確かに悩んでいるママが多いです。だから、こそ・・・私は「希望の星」にちょっとでも思って頂けたらとりこたんの成長を包み隠さずご案内しています。
気にされている方も絶対いるはずです。でも言い訳はしません。私は返ってそのような方になおさらの無言のエールを贈っているつもりです。
それが将来お互いの子が歩けるようになって、それが普通に感じられるようになったらお互いアノ頃は~(^^)と話せるようになって楽しい思い出となると信じています。
だからと言って、カメちゃんからのご意見がどうのではありません。カメちゃんも気にしないでくださいね。私はありがたいと感謝しています。
何人も方達の代表で言っていただけで、カメちゃんに「りこたんママに言ってくれてありがとう」と思っている人もそれはたくさんいるはずです。
そして、私も何度もブログ上、ホームページ上に使っている言葉、
今回、カメちゃんもおっしゃってくださいました。。
>私たち、節目節目で何度もクリアしていかなくちゃいけない、
「みんなちがって、みんないい」ってこと。
本当にそう思います。どうか、カメちゃんのおっしゃられるように焦ったり落ち込んだりしないで下さいね。
りこたんはそんなに言葉は早くないですよ、特訓中です。
それに、手遊びも本人一生懸命してるんだけど、とっても下手っぴです。
だけどそれはそれでかわいさを引き出します。
なんであっても頑張ってる姿は感動を呼びます。
無理強いはしない。
強い口調で怒らない。
ちょっとでも出来たらほめるほめる褒めちぎる。
いっぱいHUGして、いっぱい頭をナデナデしてあげてください。
愛されてると言うことを毎日、毎時間実感させてあげてください。
そうすると必ず期待に応えてくれます。
歩くことだけでは在りません。才能の開花もそうです。
時間をたっぷりかけて育児を楽しみましょう。
りこたんもまともな「歩行」はこれからです。みんなマグレや奇跡の産物がほめることによって実際出来るように変化していくのだから。
私も頑張ります。カメちゃんも、そして、このコメントの返事を楽しみにしていた皆様も頑張りましょうi-86
エイエイオ~!!!

| ファンタジア | 2007/07/27 10:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newrikotanlife.blog41.fc2.com/tb.php/492-8ad63f5e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT